女三人のシベリア鉄道

デザイン:山口拓三(Garowa Graphico)

0 お気に入りチラシにする

劇団銅鑼

俳優座劇場(東京都)

2014/03/12 (水) ~ 2014/03/18 (火) 公演終了

上演時間:

作家・森まゆみ、初めて自作を戯曲化!!

愛と理想を追って、シベリア鉄道に乗った三人の女性作家。
与謝野晶子、中條百合子。林芙美子。
一人は七人の子を置いてパリにいる夫に会いに、一人はロシア革命十年後の社会感を観に、一人は画家の恋人に会いに。
21世紀を生きる作家・森まゆみはアリョー...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2014/03/12 (水) ~ 2014/03/18 (火)
劇場 俳優座劇場
出演 鈴木瑞穂、山田昭一、佐藤文雄、三田直門、植木圭、山形敏之、谷田川さほ、長谷川由里、馬渕真希、佐藤響子、渡部不二実、中村真由美、タチヤーナ・モクリェツォーワ
脚本 森まゆみ
演出 野崎美子
料金(1枚あたり) 3,500円 ~ 5,000円
【発売日】2013/11/15
全席指定席 一般:5,000円 25歳以下と学生:3,500円
3月12日19:00&3月17日19:00割引きデー 一般:4,000円
サイト

http://www.gekidandora.com/titles/onnasanninnosiberiatetudou/

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル 3月12日(水)19:00
3月13日(木)14:00
3月14日(金)14:00
3月15日(土)14:00/19:00
3月16日(日)14:00
3月17日(月)19:00
3月18日(火)14:00
説明 作家・森まゆみ、初めて自作を戯曲化!!

愛と理想を追って、シベリア鉄道に乗った三人の女性作家。
与謝野晶子、中條百合子。林芙美子。
一人は七人の子を置いてパリにいる夫に会いに、一人はロシア革命十年後の社会感を観に、一人は画家の恋人に会いに。
21世紀を生きる作家・森まゆみはアリョーナを旅の友とし、三人の女性の生き方を検証しながら、青春時代の憧れであったシベリア鉄道に乗り、自身にも問いかける。人生にとって旅とは何か? 平和で幸せな社会はどうしたら作れるのか?
その他注意事項 ●未就学児のご入場・お車でのご来場はご遠慮下さい。
●14日14時&15日14時 視覚障がい者向けイヤホンガイド付き公演。要予約。付き添い1名様ご招待。
●プレイベント 「トークとロシアの歌を楽しむ会」
 日時:2014年1月25日(土)14時〜17時
 会場:銅鑼アトリエ
 会費:1,500円
 詳細は、劇団銅鑼HPをご覧下さい。

スタッフ 【原作】「女三人のシベリア鉄道」森まゆみ著(集英社刊)
【美術】佐藤朋有子 【照明】鷲崎淳一郎 【音響】中嶋直勝 【音楽】芳賀一之 【衣裳】広野洋子 【舞台監督】稲葉対介 【音声ガイド】鯨エマ 【企画】谷田川さほ 【制作】小関直人

[情報提供] 2013/11/23 15:01 by むっち

[最終更新] 2014/03/23 02:22 by こりっち管理人

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

チケット取扱い

この公演に携わっているメンバー2

まきち

まきち(1)

「森まゆみ」役を演じます、馬渕真希です!稽古中の今は…...

108

108(6)

私、宣伝用の映像作りを担当しております。 果たしてい...

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大