歌舞伎・伝統芸能

マリコウジ〜壱ノ巻

0 お気に入りチラシにする

歌舞伎・伝統芸能

童司カンパニー

セルリアンタワー能楽堂(東京都)

他劇場あり:

2014/03/14 (金) ~ 2014/03/16 (日) 公演終了

上演時間:

これが新たな伝統の幕開け
〜新作“純”狂言集『マリコウジ』壱ノ巻開演!!

 茂山千五郎家に聯綿と受け継がれる古典狂言約二百曲。幾多の先人達の創意工夫で研ぎ澄まされ時代を超えて愛されてきたこれらの作品もその昔、一度は新作だった。『附子』や『素袍落』が今もなお輝きを損なわず現代人の心を...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2014/03/14 (金) ~ 2014/03/16 (日)
劇場 セルリアンタワー能楽堂
出演 丸石やすし、茂山あきら、茂山正邦、茂山茂、茂山逸平、島田洋海、茂山童司
脚本 茂山童司
演出 茂山童司
料金(1枚あたり) 4,000円 ~
【発売日】2013/12/16
前売り、当日とも4,000円。完売の場合は当日券はございません。
サイト

http://dojicompany.jp/marikoji/

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル 東京公演
3/14(金) 19:00開演(18:30開場)
京都公演
3/16(日) 14:00開演(13:30開場)
説明 これが新たな伝統の幕開け
〜新作“純”狂言集『マリコウジ』壱ノ巻開演!!

 茂山千五郎家に聯綿と受け継がれる古典狂言約二百曲。幾多の先人達の創意工夫で研ぎ澄まされ時代を超えて愛されてきたこれらの作品もその昔、一度は新作だった。『附子』や『素袍落』が今もなお輝きを損なわず現代人の心を捕えて離さないのは創作された当時の瑞々しい面影を残しているからだ。明治以降茂山家は数々の新作を上演してきたが、中でも「濯ぎ川」「彦市ばなし」といった作品は新作狂言の金字塔として末長く演じられて行くことだろう。
 『マリコウジ〜壱ノ巻』はそういった作品群に並ぶ次代のレパートリーとして、また未来の古典として茂山家に残る狂言となることを希求して茂山童司作『新作“純”狂言』を二作品上演する。あくまで古典の演出法を用いながら、時代の風雪に耐えうる普遍的な笑いを追求『新作“純”狂言』の初演を見逃すな。

これが、2100年の古典だ。


■新作「諸白ヶ内(もろはくがうち)」
のんべえの夫と、これまた酒飲みの女房。毎日夫の太郎は帰って夫婦で晩酌をするのを日課としているが、今晩はいつもと様子がなにか違う…?古典狂言「素袍落」と戦中に書かれた木下杢太郎作の厭戦狂言「笑い茸」へのオマージュ。

■新作「今際の淵(いまはのふち)」
借金でクビが回らなくなった男と、仕事に精を出しすぎて嫁に逃げられた男、二人はそれぞれの理由で身を投げるためにやってきた崖で偶然出会う。お互いの境遇を話し合ううちに意気投合し、自殺を思い留まることにするが…?

■古典狂言「千鳥」(東京公演のみ)
■古典狂言「抜殻」(京都公演のみ)

■アフタートーク:茂山童司×木ノ下裕一(木ノ下歌舞伎主宰) ※京都公演のみ
その他注意事項 東京公演
3/14(金) 19:00開演(18:30開場)
京都公演
3/16(日) 14:00開演(13:30開場)
スタッフ

[情報提供] 2013/11/18 15:36 by 童司カンパニー

[最終更新] 2013/11/18 16:02 by 童司カンパニー

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

チケット取扱い

この公演に携わっているメンバー0

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大