宝塚歌劇団

天王洲 銀河劇場(東京都)

2013/12/17 (火) ~ 2013/12/24 (火) 公演終了

上演時間:

 今年5月にバウホールで上演され、好評を博した本作品を東京特別公演として再演いたします。
 古事記や日本書紀に残る一大恋愛叙事詩、衣通姫伝説。美貌の皇子と皇女が禁じられた恋に落ち、流刑の地で心中したという哀切な「物語」に秘められた真実とは・・・。
 その涼やかな姿と優しさで人望をあつめる木...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2013/12/17 (火) ~ 2013/12/24 (火)
劇場 天王洲 銀河劇場
出演 珠城りょう、ほか
脚本 上田久美子
演出 上田久美子
料金(1枚あたり) 5,500円 ~ 6,500円
【発売日】2013/11/10
S席 6,500円、A席 5,500円(税込)
サイト

http://kageki.hankyu.co.jp/revue/359/index.shtml

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル
説明  今年5月にバウホールで上演され、好評を博した本作品を東京特別公演として再演いたします。
 古事記や日本書紀に残る一大恋愛叙事詩、衣通姫伝説。美貌の皇子と皇女が禁じられた恋に落ち、流刑の地で心中したという哀切な「物語」に秘められた真実とは・・・。
 その涼やかな姿と優しさで人望をあつめる木梨軽皇子(きなしかるのみこ)には、皇位継承のライバルと見なされる勇猛な弟、穴穂皇子(あなほのみこ)と、衣通姫と呼ばれた美しい「妹」がいた。三人の晴れ渡るような青春の恋と夢は、やがて歴史の暗雲に覆われて、彼らの物語は意外な展開を見せてゆく――。
 運命に翻弄され流刑の身となった木梨軽皇子を衣通姫は追ってゆくが、地の果てで再会した愛しい人の貌に、もはやかつての優しい「兄」の面影はなかった・・・。
 古代の混沌から国家が形をなしていった日本の黎明期、歴史の大きな流れに呑まれて消えていった人々の悲哀と、そして、「物語」に込められた思いを、現代的な感覚で劇的に描きだす。
その他注意事項
スタッフ

[情報提供] 2013/11/04 03:56 by CoRich案内人

[最終更新] 2013/11/04 03:56 by CoRich案内人

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

この公演に携わっているメンバー0

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大