演劇

フェスティバル/トーキョー実行委員会

にしすがも創造舎 【閉館】(東京都)

2013/11/29 (金) ~ 2013/12/01 (日) 公演終了

上演時間:


バカバカしくも切ない「物語」への試み。イギリスからやってきた遊び心満載の実験演劇

現代における演劇、パフォーマンスの意味を問い続けてきたイギリスのパフォーマンス・グループ、フォースド・エンタテインメント。彼らがおしゃべりやジョーク、マジック、ダンスなど、さまざまな「演劇的試行」を...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2013/11/29 (金) ~ 2013/12/01 (日)
劇場 にしすがも創造舎 【閉館】
出演 ロビン・アーサー、フィル・ヘイズ、リチャード・ロウドン、クレール・マーシャル、キャシー・ナデン、テリー・オコネル
脚本 フォースド・エンタテインメント
演出 ティム・エッチェルス
料金(1枚あたり) 1,000円 ~ 5,000円
【発売日】
自由席(整理番号付)
一般前売 4,500円(当日 +500円)
学生 3,000円、U18(18歳以下)1,000円(前売・当日共通、当日受付にて要学生証提示)
サイト

http://www.festival-tokyo.jp/program/13/the_coming_storm/

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル 11/29(金) 19:30
11/30(土) 12:00/18:00★
12/1(日) 12:00★
★終演後ポスト・パフォーマンストークあり:
11月30日(土)18:00 終演後
12月1日(日)12:00 終演後
ともにカンパニーメンバー×エグリントンみか(英国演劇研究・批評・翻訳)

上演時間:105分(予定)

*受付開始は開演の1時間前、開場は開演の30分前
*英語語上演、日本語字幕つき
説明
バカバカしくも切ない「物語」への試み。イギリスからやってきた遊び心満載の実験演劇

現代における演劇、パフォーマンスの意味を問い続けてきたイギリスのパフォーマンス・グループ、フォースド・エンタテインメント。彼らがおしゃべりやジョーク、マジック、ダンスなど、さまざまな「演劇的試行」を取り込みながら作り上げた壮大な実験劇が、日本初演される。
よい物語とは何か? よい物語に必要なものとは? 6人の男女による語りは、愛や死、セックスから洗濯物の話まで、珍妙なダンスやふざけた楽器演奏も挟みながら、てんでバラバラに、互いに邪魔しあいつつよどみなく続いていく。それぞれの話それ自体に完成は訪れない。だが、パフォーマンス全体を貫くバカバカしさとそこはかとない哀愁はむしろ、物語と観客の豊かな関係性を予感させる。
その他注意事項
スタッフ デザイン
リチャード・ロウドン
照明デザイン
ニガール・エドワード
音響
フィル・ヘイズ、フォースド・エンタテインメント
音響コンサルタント
ジョン・アバリー
演出助手
へスター・チリングワース
制作
ライ・レニー、ジム・ハリスン
共同製作
パクト・ツォルフェライン(エッセン)、アヴィニョン演劇祭、 ゲスナーアレー劇場(チューリッヒ)、タンツクォーター劇場(ウィーン)、レ・スペクタクル・ヴィボン(パリ、ポンピドゥーセンター)、フェスティバル・ドートンヌ(パリ)、LIFT(ロンドン)、バタシー・アート・センター(ロンドン)、シェフィールド・シティ・カウンシル

東京公演スタッフ
技術監督
寅川英司+鴉屋
技術監督アシスタント
河野千鶴
舞台監督
小野哲史
演出部
本多 桜
美術コーディネート
福島奈央花
小道具コーディネート
長谷川ちえ、横川奈保子
照明コーディネート
佐々木真喜子 (株式会社ファクター)
音響コーディネート
相川 晶 (有限会社サウンドウィーズ)
字幕
幕内 覚 (舞台字幕/映像 まくうち)
字幕・翻訳
新井知行
特別協力
ブリティッシュ・カウンシル

[情報提供] 2013/10/25 19:16 by CoRich案内人

[最終更新] 2013/12/01 15:04 by しのぶ

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

この公演に携わっているメンバー0

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大