演劇

フェスティバル/トーキョー13 F/T13

ラビア・ムルエ連続上演「33rpmと数秒間」

フェスティバル/トーキョー実行委員会

東京芸術劇場 シアターイースト(東京都)

2013/11/14 (木) ~ 2013/11/15 (金) 公演終了

上演時間:


ある革命家の死の後にも更新され続けるFacebook、次々と届くSMS......。無人のコミュニケーションが浮き彫りにするアラブの現在

 映画監督と検閲官のやりとりと、大規模デモの日の出来事を描いた映画のスチールを交錯させ、そこから抜け落ちた現実や希望、痛みを描き出した『フォト...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2013/11/14 (木) ~ 2013/11/15 (金)
劇場 東京芸術劇場 シアターイースト
出演
脚本 リナ・サーネー、ラビア・ムルエ
演出 リナ・サーネー、ラビア・ムルエ
料金(1枚あたり) 1,000円 ~ 3,000円
【発売日】
自由席(整理番号付)
一般前売 2,500円(当日 +500円)
ラビア・ムルエセット券 4,000円
学生 2,500円、U18(18歳以下)1,000円(前売・当日共通、当日受付にて要学生証提示)
サイト

http://www.festival-tokyo.jp/program/13/33rpm/

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル 11/14(木) 19:30
11/15(金) 14:00★
19:30
★終演後、演出家・出演者によるポスト・パフォーマンストークあり:
ラビア・ムルエ×リナ・サーネー
司会 相馬千秋(F/Tプログラム・ディレクター)

上演時間:60分(予定)

*受付開始は開演の1時間前、開場は開演の30分前
*英語上演、日本語字幕つき
説明
ある革命家の死の後にも更新され続けるFacebook、次々と届くSMS......。無人のコミュニケーションが浮き彫りにするアラブの現在

 映画監督と検閲官のやりとりと、大規模デモの日の出来事を描いた映画のスチールを交錯させ、そこから抜け落ちた現実や希望、痛みを描き出した『フォト・ロマンス』(F/T09秋)など、レバノンの歴史と複雑な現状に取り組み続ける、リナ・サーネーとラビア・ムルエ。中東を代表するアーティストでもある彼らが、「アラブの春」と呼ばれる時代のうねりの中で、大胆に「個人」とその「生」を切り取った近作を上演する。
 舞台は自殺した革命家・アーティストの部屋。ログインしたままのFacebookの画面は更新を続け、携帯電話には次々とSMSが届く。彼の死は誰のものか? そのメッセージは誰に向けられているのか? 部屋の主人はもちろん、送り手の肉体も不在なまま続けられるコミュニケーションの応酬に、着地点のないアラブの「いま」が、さまざまに浮かび上がる。
その他注意事項
スタッフ 舞台デザイン、グラフィック、アニメーション
サマール・マカロン
技術ディレクション
サルマド・ルイス、トーマス・カッペル
フォト・ディレクション
サルマド・ルイス
演出補佐
ポール・カーダ
制作
ペトラ・セルハール

東京公演スタッフ
技術監督
寅川英司+鴉屋
技術監督アシスタント
河野千鶴
舞台監督
渡部景介
演出部
櫻井健太郎
美術コーディネート
福島奈央花
小道具コーディネート
本多 桜
映像
TORAWORK
照明コーディネート
佐々木真喜子 (株式会社ファクター)
音響コーディネート
相川 晶 (有限会社サウンドウィーズ)
字幕アドバイザー
幕内 覚 (舞台字幕/映像 まくうち)
字幕・翻訳
エグリントンみか

[情報提供] 2013/10/25 19:01 by CoRich案内人

[最終更新] 2014/01/07 23:08 by CoRich案内人

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

この公演に携わっているメンバー0

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大