演劇

フェスティバル/トーキョー13 F/T13

現在地

チェルフィッチュ

東京芸術劇場 シアターイースト(東京都)

2013/11/28 (木) ~ 2013/12/08 (日) 公演終了

休演日:12/3

上演時間:

SF的筆致から浮かび上がる、終わりのない「3.11後」

現代日本の若者の心理を、鋭敏かつ繊細な言語、身体感覚を持って切り取ってきたチェルフィッチュの岡田利規。昨年はドイツの劇場・HAUの企画で、廃墟となった原子力発電所を描くガイドツアー形式の作品を発表するなど、国際的にも注目を集める岡田...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2013/11/28 (木) ~ 2013/12/08 (日)
劇場 東京芸術劇場 シアターイースト
出演 佐々木幸子、伊東沙保、南波圭、安藤真理、青柳いづみ、上村梓、石橋志保
脚本 岡田利規
演出 岡田利規
料金(1枚あたり) 1,000円 ~ 4,500円
【発売日】
自由席(整理番号付)
一般前売 4,000円(当日 +500円)
学生 3,000円、U18(18歳以下)1,000円(前売・当日共通、当日受付にて要学生証提示)
サイト

http://www.festival-tokyo.jp/program/13/current_location/

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル 11/28(木) 19:30
11/29(金) 15:00★
11/30(土) 12:00 / 17:00
12/1(日) 15:00★
12/2(月) 19:30
12/4(水) 19:30
12/5(木) 15:00 / 19:30
12/6(金) 15:00
12/7(土) 12:00 / 17:00
12/8(日) 15:00

★終演後ポスト・パフォーマンストークあり
上演時間:100分(休憩なし)

*受付開始は開演の1時間前、開場は開演の30分前
*日本語上演、英語字幕つき
説明 SF的筆致から浮かび上がる、終わりのない「3.11後」

現代日本の若者の心理を、鋭敏かつ繊細な言語、身体感覚を持って切り取ってきたチェルフィッチュの岡田利規。昨年はドイツの劇場・HAUの企画で、廃墟となった原子力発電所を描くガイドツアー形式の作品を発表するなど、国際的にも注目を集める岡田の、3.11後の第一作となった作品を東京初上演する。ある日突然出現した青い雲をめぐって囁かれ始めた不吉な噂。信じるか信じないか、逃げるのか留まるのか、あるいは......。変化を前に逡巡する7人の女性たちの心模様は、不穏な空気を細やかに表現する音楽や照明とも相まって、私たちの生きる現実を改めて振り返らせる。SF的な設定、女性のみの出演者、書き言葉を使った台詞など、チェルフィッチュの新境地ともなった本作。初演から1年半の時を経た「現在地」は、私たちの「現在」にどのように響くだろう。
その他注意事項
スタッフ 美術
二村周作
音楽
サンガツ
ドラマトゥルグ
セバスチャン・ブロイ
舞台監督
鈴木康郎
音響
牛川紀政
照明
大平智己
映像
山田晋平
映像オペレーター
須藤崇規
宣伝美術
松本弦人
広報
浦谷晃代
制作
precog
製作
KAAT神奈川芸術劇場
共同製作
Doosan Art Center
協力
急な坂スタジオ
主催
フェスティバル/トーキョー

[情報提供] 2013/10/25 18:33 by CoRich案内人

[最終更新] 2014/01/09 11:24 by CoRich案内人

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

この公演に携わっているメンバー0

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大