演劇

「演劇・時空の旅」創作体験ワークショップ発表公演

シラノ・ド・ベルジュラック

公益財団法人宮崎県立芸術劇場

パピオビールーム・大練習室(福岡県)

2013/11/04 (月) ~ 2013/11/04 (月) 公演終了

上演時間:

4日間にわたる「演劇・時空の旅」の創作体験ワークショップの発表公演!

「演劇・時空の旅」シリーズ、今年度の上演作品『シラノ・ド・ベルジュラック』をテキストにした4日間のワークショップと最終日に発表公演(リーディング公演)をおこなう「創作体験ワークショップ」を開催します。短期間で濃密に創り...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2013/11/04 (月) ~ 2013/11/04 (月)
劇場 パピオビールーム・大練習室
出演
脚本 エドモン・ロスタン
演出 永山智行(財団法人宮崎県立芸術劇場演劇ディレクター)
料金(1枚あたり) 500円 ~ 500円
【発売日】
500円(前売り・当日とも)
サイト

http://www.miyazaki-ac.jp/?page_id=372

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル 11月4日(月・祝)16:00開演
説明 4日間にわたる「演劇・時空の旅」の創作体験ワークショップの発表公演!

「演劇・時空の旅」シリーズ、今年度の上演作品『シラノ・ド・ベルジュラック』をテキストにした4日間のワークショップと最終日に発表公演(リーディング公演)をおこなう「創作体験ワークショップ」を開催します。短期間で濃密に創りあげられた作品をぜひご覧ください。

【あらすじ】
シラノは学者で詩人で軍陣で、おまけに天下無双の剣客だが美男とわいいかねる大鼻の持主。
 この豪傑が「考えまいと思うそばから、あの命取りの美しさ・・・・・・」と密かに想いをかける従姉妹に、あろうことか同僚の色男から仲をとりもって欲しいと頼まれる。
(岩波文庫梗概より)

【「演劇・時空の旅」とは?】
 古代ギリシャ時代から現代にいたるまで、世界各地で残されてきた戯曲をガイドブックに、時間と空間を旅しながら、人類史をたどっていくシリーズです。2008年度に宮崎県立芸術劇場開館15周年記念事業として始まりました。九州各地を拠点に活動する一線級の俳優を集め、宮崎県立芸術劇場にて約1ヶ月の期間をかけて演劇作品を創りあげ、宮崎県立芸術劇場から県内外へ優れた演劇作品を発信していくことを目的としています。シリーズ開始より、構成・演出を劇場ディレクターの永山智行が手掛け、これまでに「BC411年/ギリシア『女の平和』」「1897年/フランス『シラノ・ド・ベルジュラック』」「1900年/ロシア『三人姉妹』」「1597年/イギリス『フォルスタッフ/ウィンザーの陽気な女房たち』」「1969年/日本『日本人のへそ』」を上演してきました。
その他注意事項 ※未就学児入場不可。
スタッフ

[情報提供] 2013/10/23 13:07 by md

[最終更新] 2013/11/04 01:29 by md

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

この公演に携わっているメンバー0

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大