SIS Company

スパイラルホール(東京都)

2013/12/18 (水) ~ 2013/12/22 (日) 公演終了

上演時間:

 あるときは日本の古き良き伝統を体現し、あるときは画面から弾け出んばかりのコメディエンヌぶりを発揮。そして、あるときは最先端モードを身にまとい、孤高の輝きを放つ女優・鈴木京香。そんな彼女を「ミューズ」に、幾度となくタッグを組んできたのが、劇作・演出・映画監督等、快進撃を続ける三谷幸喜です。これ...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2013/12/18 (水) ~ 2013/12/22 (日)
劇場 スパイラルホール
出演 鈴木京香
脚本 ジャン・コクトー
演出 三谷幸喜
料金(1枚あたり) 5,000円 ~ 5,000円
【発売日】2013/11/16
(全席指定・税込)¥5,000
サイト

http://www.siscompany.com/voice/

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル
説明  あるときは日本の古き良き伝統を体現し、あるときは画面から弾け出んばかりのコメディエンヌぶりを発揮。そして、あるときは最先端モードを身にまとい、孤高の輝きを放つ女優・鈴木京香。そんな彼女を「ミューズ」に、幾度となくタッグを組んできたのが、劇作・演出・映画監督等、快進撃を続ける三谷幸喜です。これまで2人が組んだ作品は、それぞれの長いキャリアの中でも重要なエポックとなっていますが、意外にも、舞台での顔合わせは、鈴木京香の初舞台「巌流島」(1996/脚本)のみ。 その後、鈴木京香が三谷演出舞台に出演する機会は、残念ながらありませんでした。
 この度、三谷幸喜×鈴木京香 の舞台でのタッグが久々に実現します! 2人が1対1でじっくりと向き合う劇世界は、20世紀を代表するマルチ・アーティスト:ジャン・コクトーが遺した一人芝居 『声』。 一人の男へのかなわぬ愛を、時に狂おしく、時に微笑みさえ湛えながら、電話に語り続ける衝撃の独白劇に、三谷×京香ならではのアプローチで挑みます。 会場には、コンテンポラリーアートと呼応し合いながら日本のカルチャーシーンをリードする「スパイラルホール」をセレクト。 没後50年を経た今も、常にクリエイティブ・アイコンであり続けているコクトーの戯曲を取り上げる上でも、これ以上相応しい環境はありません。
また、今回の舞台美術には、昨今は広告業界にとどまらず、幅広いクリエイションを展開している 森本千絵 が初めてシス・カンパニー公演に登場する他、シス公演ではお馴染みのトップ・クリエーター=衣裳デザイン:伊藤佐智子、照明:小川幾雄、音響:井上正弘、そして、翻訳:徐 賀世子 らの充実のスタッフワークも光ります。

芸能活動25周年を迎え、ますます充実した女優活動を送る鈴木京香。
自作のみならず、既存の作品にも果敢に挑む三谷幸喜。
そして、充実のクリエイティブ・チームが変貌自在な多目的空間「スパイラルホール」に集結し、どのような手触りの"ジャン・コクトーの世界"をお届けしようとしているのか・・・。 
2013年のクリスマスウィークならではの、特別な時間をお約束いたします。
同時期にシアタートラムで上演している『グッドバイ』ともども、私たちシス・カンパニーの2013年の集大成ともなる公演です。
是非ご期待ください!
その他注意事項
スタッフ 作 : ジャン・コクトー
演出 : 三谷幸喜
翻訳 : 徐 賀世子
美術 : 森本千絵
照明 : 小川幾雄
音響 : 井上正弘
衣裳デザイン : 伊藤佐智子
舞台監督 : 幸光順平
プロデューサー : 北村 明子
企画・製作 : シス・カンパニー

[情報提供] 2013/10/22 04:15 by CoRich案内人

[最終更新] 2014/06/29 20:14 by こりっち管理人

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

この公演に携わっているメンバー0

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大