演劇

ABCホールプロデュース作品(2012)ツアー企画

目頭を押さえた

デザイン:下元浩人

0 お気に入りチラシにする

演劇

ABCホールプロデュース作品(2012)ツアー企画

目頭を押さえた

iaku

三重県文化会館(三重県)

他劇場あり:

2013/12/07 (土) ~ 2013/12/08 (日) 公演終了

上演時間:

畿央地域の山間にある人見村(ひとみむら)。衰退の一途を辿るこの村の林業と、この地で古くから行われてきた喪屋(もや)における葬儀。この2つの伝統を担ってきた中谷家と、8年前に都市から越してきた杉山家は親戚関係にあったが、杉山が葬祭コンサルタント業を人見村に持ち込んだことで、家族間の溝は深かった。...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2013/12/07 (土) ~ 2013/12/08 (日)
劇場 三重県文化会館
出演 金替康博(MONO)、緒方晋(TheStoneAge)、魔瑠(遊気舎)、橋爪未萠里(劇団赤鬼)、松永渚、うえだひろし(リリパットアーミーⅡ)、七味まゆ味(柿喰う客)、野村脩貴(ルート)
脚本 横山拓也
演出 上田一軒
料金(1枚あたり) 1,500円 ~ 2,800円
【発売日】2013/10/19
前売2500円
当日2800円
大学生以下前売・当日とも1500円
サイト

http://www.yokoyama-iaku.com

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル 7日(土) 19時 ※終焉後アフタートークを開催
8日(日) 14時
説明 畿央地域の山間にある人見村(ひとみむら)。衰退の一途を辿るこの村の林業と、この地で古くから行われてきた喪屋(もや)における葬儀。この2つの伝統を担ってきた中谷家と、8年前に都市から越してきた杉山家は親戚関係にあったが、杉山が葬祭コンサルタント業を人見村に持ち込んだことで、家族間の溝は深かった。ただ、同い年の高校生の娘たちは、子どもの頃から親友のような存在である。杉山の娘・遼は、母の形見である一眼レフカメラを愛用し、村に暮らす人たちのポートレートを「遺影」と称して撮影するのが日課だった。中谷の娘・修子は、遼の写真が大好きでいつも率先してモデルになった。そんな修子と遼が迎えた高校三年生の夏。この小さな田舎でセンセーショナルな出来事が起きる。それは、村に暮らす大人や子ども、すべての無名人たちの未来を、哀しみを伴う希望で包んだ。
その他注意事項
スタッフ

[情報提供] 2013/10/17 13:21 by ライトアイ

[最終更新] 2013/12/22 01:45 by ライトアイ

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

チケット取扱い

この公演に携わっているメンバー4

○

(3)

役者・俳優 制作

制作です。

三重県文化会館

三重県文化会館(0)

三重公演やります!

iaku

iaku(0)

当日運営

主催者です。

最新のトラックバック

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大