ティーファクトリー

京都芸術劇場(京都造形芸術大学) studio21(京都府)

2013/06/22 (土) ~ 2013/06/23 (日) 公演終了

上演時間:

パゾリーニの旅、いよいよ最終地へ…

劇作家・演出家の川村毅がニューヨークの古本屋で偶然手にした“パゾリーニ戯曲集”。
2003年、そこに収められた全6作品のうち『オルジァ』をリーディング公演として上演したことをキッカケに、その他の全5作品を日本で初翻訳、初上演に挑戦してきた川村毅のパゾ...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2013/06/22 (土) ~ 2013/06/23 (日)
劇場 京都芸術劇場(京都造形芸術大学) studio21
出演 中村崇、南かおり、田中遊、武田暁、森田真和、井上和也、廣岡綾[劇団ひまわり]、市村マチ、岡本依子、きのせまさき、田中祐気、田渕詩乃、原田佳名子、福久聡吾、ミユキ、山田健人
脚本 ピエル・パオロ・パゾリーニ
演出 川村毅
料金(1枚あたり) 0円 ~ 0円
【発売日】
無料(要予約)
サイト

http://www.k-pac.org/performance/20130622.html

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル 2013年6月
22日(土) 19:00
23日(日) 15:00 アフタートークあり
説明 パゾリーニの旅、いよいよ最終地へ…

劇作家・演出家の川村毅がニューヨークの古本屋で偶然手にした“パゾリーニ戯曲集”。
2003年、そこに収められた全6作品のうち『オルジァ』をリーディング公演として上演したことをキッカケに、その他の全5作品を日本で初翻訳、初上演に挑戦してきた川村毅のパゾリーニとの旅は、この京都での『ピュラデス』のリーディング公演でついに終着地へと辿りつきます。

なぜ恥と不確かさを恐れる?
あなたが呪われますように、〈理性〉よ、
そしてあらゆるあなたの神が、すべての神が呪われますように…

パゾリーニが、アイスキュロス作ギリシャ悲劇『オレステイア』をもとに、60-70年代にかけてのイタリアを映して描いた作品。1960年には『オレステイア』の上演用にイタリア語新訳も手掛けている。戯曲はまさにギリシャ悲劇のかたちで書かれており、母殺しで追放されたオレステスがアルゴスに戻ってくるところから始まる。
その他注意事項
スタッフ 翻訳 石川若枝
構成・演出 川村 毅
衣裳・美粧 宇野亜喜良

[情報提供] 2013/10/15 05:28 by CoRich案内人

[最終更新] 2013/10/15 05:32 by CoRich案内人

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

チケット取扱い

この公演に携わっているメンバー0

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大