舞踊・バレエ

インドネシア×日本 国際共同制作公演

To Belong -cyclonicdream-

北村明子

茅野市民館 (長野県)

2013/11/28 (木) ~ 2013/11/29 (金) 公演終了

上演時間:

北村明子が挑戦するインドネシア・日本国際共同制作、第三弾。インドネシアの身体と音楽の世界に身をまかせ、時空を超え、神秘と生命を探求する旅をする。
最新作は、インドネシアにおける新たなリサーチとインドネシアの女性シンガーであるエンダ・ララスを迎え、「To Belong -dialogue-」(...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2013/11/28 (木) ~ 2013/11/29 (金)
劇場 茅野市民館
出演 Rianto、EndahLaras、大手可奈、西山友貴、川合ロン、北村明子
演出 北村明子
振付 北村明子
料金(1枚あたり) 1,500円 ~ 23,000円
【発売日】
前売 一般2,000円 学生1,500円 (大学生以下・前売のみ)
当日 一般2,300円
サイト

http://www.akikokitamura.com/tobelong/next_performance.html

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル 2013年11月28日(木)・29日(金)
[開場]18:00 
[開演]18:30
説明 北村明子が挑戦するインドネシア・日本国際共同制作、第三弾。インドネシアの身体と音楽の世界に身をまかせ、時空を超え、神秘と生命を探求する旅をする。
最新作は、インドネシアにおける新たなリサーチとインドネシアの女性シンガーであるエンダ・ララスを迎え、「To Belong -dialogue-」(2012年)の世界から、さらなる広がりをもった作品をつくりあげる。演出はユディ・タジュディン。ジョグジャカルタを拠点として活動するテアトル・ガラシの芸術監督。インドネシア演劇界を牽引する演出家、俳優であり、ダンスの振付も手がけ、国際的に活躍するマルチタレントなアーティスト。

発表の場である長野県茅野市は、7年に一度、諏訪大社の御柱(おんばしら)のお祭りで有名な地域。日本の伝統的な祭りに秘められたこの世とあの世をつなぐ儀式は、かたちを変えてインドネシアの地にもあるもの。非日常性の中に秘められた生きる知恵と、生と死への思いを舞台芸術という装置を通じて体験してください。

北村の振付は、バレエやモダンダンスに基礎をおくものではなく、インドネシア武術であるプンチャック・シラットや、合気道、柔術などの東洋の武術にそのヒントを得ている。それは呼吸であり、エネルギーの流れを相互に交換するプロセスでもある。そこから生まれる新たなコミュニケ―ションや激しい間合いの奪い合い、命の交換をダンスと捉え、あらたなる舞台空間を生み出していく。
その他注意事項
スタッフ 音楽(インドネシア): Slamet Gundono・Kill the DJ (Jogja Hip Hop Foundation)・Endah Laras
演奏(日本):石井麻依子・斎木なつめ・小林妙子・嶺秀美・鈴木雄尊

振付・演出:北村明子
ドラマトゥルグ・演出:Yudi Ahmad Tajudin
音楽監督:森永泰弘
音楽制作:CONCRETE
映像監督・制作:兼古昭彦
映像ドラマトゥルグ・制作:山田咲
衣装デザイン・制作:堂本教子
テクニカルディレクション・美術・照明:関口裕二
宣伝美術:兼古昭彦
宣伝広報:土谷真喜子(株式会社リーワード)
制作:小山遥子(Office A/LB)

[情報提供] 2013/10/12 21:56 by CoRich案内人

[最終更新] 2013/10/12 21:58 by CoRich案内人

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

チケット取扱い

この公演に携わっているメンバー0

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大