演劇

W

東京セレソンデラックス

劇場MOMO(東京都)

2003/05/08 (木) ~ 2003/05/12 (月) 公演終了

上演時間:

江戸徳川幕府開府400年の節目に当たる2003年、なんと日本は今だに徳川幕府による独裁政治が続いていた。ここ「飲み処 萩」は、表向きは何の変哲もない飲み屋だが、実際は鎖国状態の中、違法に外国の物を飲み食いさせる「地下BAR」だった。そしてこの店には幕府に不満を抱く倒幕の志士達が集まる溜まり場で...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2003/05/08 (木) ~ 2003/05/12 (月)
劇場 劇場MOMO
出演 宅間孝行、永田恵悟、上原利恵、一青妙、市川麻美、鈴木成彦、文珠康明、安田誠一、樋口三佳、万田ユースケ、宮垣雄樹、市川好美、高山ライダー、村上和彦、藤田京子
脚本 江良 至
演出 サタケミキオ
料金(1枚あたり)
【発売日】
サイト

http://www.ts-dx.com/modules/drama0/index.php?id=9

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル
説明 江戸徳川幕府開府400年の節目に当たる2003年、なんと日本は今だに徳川幕府による独裁政治が続いていた。ここ「飲み処 萩」は、表向きは何の変哲もない飲み屋だが、実際は鎖国状態の中、違法に外国の物を飲み食いさせる「地下BAR」だった。そしてこの店には幕府に不満を抱く倒幕の志士達が集まる溜まり場でもあった。倒幕に賭ける彼らは、13年前に幕府に対する反逆事件を起こし今だ行方不明のかつて「雷電」と呼ばれた英雄、高杉晋作の登場を待ちわびていた。

高杉晋作は復活するのか・・・。場末のバーを舞台に、伝説の革命家、テロを企てる志士達、潜入捜査する幕府のスパイ、晋作のかつての恋人...様々な人々の様々な想いが交錯して・・・。
その他注意事項
スタッフ 作/江良 至 演出/サタケミキオ
照明/葛生英之(日高舞台照明
舞台監督/杉田吉平 音響/畑中 椿
宣伝美術/グラフマニア
制作/藤田京子・野口小百合

[情報提供] 2007/01/02 23:54 by こりっち管理人

[最終更新] 2007/01/03 00:02 by こりっち管理人

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

チケット取扱い

この公演に携わっているメンバー0

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大