遊行舎

藤沢市民まつり・遊行寺境内ステージ(神奈川県)

2013/09/28 (土) ~ 2013/09/28 (土) 公演終了

上演時間:

遊行かぶきが、この秋、藤沢市民まつりとコラボします。
 藤沢のまつりとして市民に定着した藤沢市民まつり。今年28年目を迎える市民まつりが新たに遊行寺会場を設けて、プロレスと大道芸の世界を境内に出現させたのは、昨年のことでした。猿回し、チンドン屋、音楽ステージ、そしてプロレス。大衆芸能と興行に...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2013/09/28 (土) ~ 2013/09/28 (土)
劇場 藤沢市民まつり・遊行寺境内ステージ
出演 遊行舎
脚本
演出 白石征
料金(1枚あたり) 0円 ~ 0円
【発売日】
観劇自由・入場無料
サイト

http://www32.ocn.ne.jp/~yugyosya/yugyosya.html

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル
説明 遊行かぶきが、この秋、藤沢市民まつりとコラボします。
 藤沢のまつりとして市民に定着した藤沢市民まつり。今年28年目を迎える市民まつりが新たに遊行寺会場を設けて、プロレスと大道芸の世界を境内に出現させたのは、昨年のことでした。猿回し、チンドン屋、音楽ステージ、そしてプロレス。大衆芸能と興行によるまつりの賑わいは、サーカスと見世物小屋が立ったかつての開山忌を思い出させ、集まった地元の人々を感激させました。
 今年はその遊行寺会場に遊行かぶきが出演させていただくことになりました。まつり会場はまつりと芸能の一体化を唱える遊行かぶきにぴったり。
 演目は「しがねえ姿の横綱の土俵入りでござんす」でおなじみ『一本刀土俵入り』です。日本人が忘れかけた人情の世界を謳い上げる、遊行かぶき名作シリーズの一篇をこの機会にぜひ。(観劇自由、入場無料)

〈あらすじ〉
 水戸街道、取手の宿の茶屋旅籠、我孫子屋の酌婦お蔦は、旅籠の前をフラフラと通りかかった取的の茂兵衛に気づいて声をかけた。
 茂兵衛は破門された相撲の親方のもとへ、再弟子入りを志願するため故郷の駒形村から出てきたのだが、無一文になり、空腹で立っているのがやっとという有様。
 茂兵衛は問われるまま、立派な横綱になって故郷の母親の墓の前で土俵入りを見せたいという夢を語る。心をうたれたお蔦は有り金と櫛、簪まで与えて立派な横綱になるようにと励ます。
 十年後、渡世人となった茂兵衛はお蔦を尋ねて布施の川べりにやってくる。ここでお蔦は娘のお君と飴売りをしながら暮らしていた。そのお蔦のもとへ、行方知れずになっていたお蔦の夫、船印堀師(だしぼりし)辰三郎が帰ってくる。
 辰三郎はイカサマ賭博に手を出して追われる身だった。親子が逃げる算段しているところへ、探し当てた茂兵衛が訪ねてくる。茂兵衛は十年前の恩返しにと金を渡し、追手をたたきのめす。その姿を見て、お蔦は十年前の取的のことを思い出し、茂兵衛の恩返しに感謝しつつ旅立って行く。
その他注意事項
スタッフ

[情報提供] 2013/10/06 01:48 by CoRich案内人

[最終更新] 2013/10/06 01:48 by CoRich案内人

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

チケット取扱い

この公演に携わっているメンバー0

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大