フェスティバル/トーキョー実行委員会

東京芸術劇場 シアターウエスト(東京都)

2013/11/30 (土) ~ 2013/12/08 (日) 公演終了

上演時間:

昨年のF/Tでも連続上演され、3.11以後の現実に向き合う問題作として大きな反響を呼んだ、ノーベル賞作家エルフリーデ・イェリネクの『光のない。』シリーズ。その最新作『光のない。(プロローグ?)』の演出に、遊園地再生事業団の宮沢章夫が取り組む。近年は主に現代都市と言語、身体の関係に取り組んできた...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2013/11/30 (土) ~ 2013/12/08 (日)
劇場 東京芸術劇場 シアターウエスト
出演 安藤朋子、谷川清美、松村翔子、牛尾千聖、大場みなみ
脚本
演出 宮沢章夫
料金(1枚あたり) 1,000円 ~ 4,500円
【発売日】2013/10/05
自由席 (整理番号つき)
一般前 4,000円 (当日+500円)
学生 3,000円
U18(18歳以下)1,000円 (前売・当日共通、当日受付にて要学生証提示)
サイト

http://www.festival-tokyo.jp/program/13/prolog_miyazawa/

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル 11月30日 (土) 19:30
12月1日 (日) 18:00 ★
12月2日 (月) 休演日
12月3日 (火) 19:30
12月4日 (水) 15:00 ★/19:30
12月5日 (木) 19:30
12月6日 (金) 19:30
12月7日 (土) 15:00/19:30
12月8日 (日) 15:00

★終演後、ポスト・パフォーマンストークあり。
      
説明 昨年のF/Tでも連続上演され、3.11以後の現実に向き合う問題作として大きな反響を呼んだ、ノーベル賞作家エルフリーデ・イェリネクの『光のない。』シリーズ。その最新作『光のない。(プロローグ?)』の演出に、遊園地再生事業団の宮沢章夫が取り組む。近年は主に現代都市と言語、身体の関係に取り組んできた宮沢が構想するのは、能の形式を媒介に、「起こったこと」(過去)と「それを語ること」(現在)の関係を検証する場をつくること。劇作・演出家、太田省吾との共同作業でも知られる安藤朋子、谷川清美をはじめ、70年代後期以後の日本の小劇場演劇を支える5人の女優の身体、語りに、現実とその表現をめぐるイェリネクの問いが映し出される。
その他注意事項
スタッフ

[情報提供] 2013/10/04 15:26 by フェスティバル/トーキョー

[最終更新] 2013/12/09 23:35 by フェスティバル/トーキョー

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

この公演に携わっているメンバー0

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大