演劇

踊らされてる今日でさえ

デザイン:杪谷采音

0 お気に入りチラシにする

演劇

さめざめ讃歌

荻窪小劇場(東京都)

2013/11/09 (土) ~ 2013/11/10 (日) 公演終了

上演時間:

【ご挨拶】
スクリーンに隔たる、渋谷の若者の歩みの軽いのは、「あれこれ欲しい」を肥沃した地脈に沿って、それは上手に咲かすから。ビビッドピンクのそれらがぷかぷかとする息の、その耳触りは羨ましい、私は重い身体をことさら重たくしながら、道ゆくあの子の高いかかとが鳴るのを、見つめている。
その花は...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2013/11/09 (土) ~ 2013/11/10 (日)
劇場 荻窪小劇場
出演 浅野もゑ、松森モヘー(中野坂上デーモンズの憂鬱)、由加子
脚本 岡田尚子
演出 岡田尚子
料金(1枚あたり) 2,000円 ~ 2,300円
【発売日】
前売り2000円、当日2300円
サイト

http://twitter.com/samezame_nigeru/

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル 11月9日(土)14:00/19:30
11月10日(日)14:00/19:30

※受付開始と開場は開演の30分前です。
説明 【ご挨拶】
スクリーンに隔たる、渋谷の若者の歩みの軽いのは、「あれこれ欲しい」を肥沃した地脈に沿って、それは上手に咲かすから。ビビッドピンクのそれらがぷかぷかとする息の、その耳触りは羨ましい、私は重い身体をことさら重たくしながら、道ゆくあの子の高いかかとが鳴るのを、見つめている。
その花は短いとげを生やしていて、だから私には手出しができない、血玉を作るのは嫌だから、手のひらを臆病に丸くして、かたまりのままにじっとしている。でも、日の目を見ない自分の種は胸のあたりにかさばって、やりきれなさのあまりに鼻からエイヤと突き出たりする。それは、どうしたってままならないことだ。そう思います。
しこりは経年に準じず、膨らみを止めない可視不可視のことがら、そのジレンマの中で、ふちを硬くして回ることにつけ、視野はまったくけぶるばかりで、盲目のその瞬間、霧中に鳴するガヤに食いやぶられることの、その明暗はわからない。
生まれを跨ぐその時に、ある苦みと共に、溶解していく縁取りをぬくたく、すくいとれたらなと思います。
今年、やっと二十歳になりました。

さめざめ讃歌   岡田尚子




【あらすじ】
欲求の隔たり。青年みずきはそれに耐えきれず、部屋に引きこもった、妹のあまみに監禁されるというかたちで。それは倒錯してもぬるい愛だった。なんとはなしに続いていた。しかし、あまみのクラスメイト奈津子の登場で、そのねばついた安寧はことごとくも打ち砕かれる。

「俺の負い目をお前が背負え!」

理性のひもがちぎれたら、舌に油の乗るばかり、罵倒したり恨んでみたり、挙句に責任なすりつけたり、挙動のどこにも苦みの差す、そんな三人のばたつくお話です。



【Twitter】
@samezame_nigeru(さめざめ讃歌Twitter)
その日の稽古に浮かぶことばを、
熱いうち、生のうちにつぶやいています。

その他注意事項 【お問い合わせ】
【Email】samezamesanka.nigeru00@gmail.com
【TEL】090-9760-6717(さめざめ讃歌制作)
スタッフ 【作・演出】岡田尚子
【音響】dezimoemon
【照明】藤田千賀子、前崎千波
【宣伝美術】杪谷采音
【当日制作】上山翼
【企画・制作】さめざめ讃歌

[情報提供] 2013/09/29 18:28 by さめざめ讃歌

[最終更新] 2013/11/05 08:13 by marimo1980

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

チケット取扱い

この公演に携わっているメンバー2

松森モヘー

松森モヘー(1)

役者・俳優 脚本 演出

変態を演じきります。

marimo1980

marimo1980(0)

もりもりと参加しています。

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大