木ノ下歌舞伎

京都芸術劇場(京都造形芸術大学) 春秋座(京都府)

2013/10/12 (土) ~ 2013/10/13 (日) 公演終了

上演時間:

木ノ下歌舞伎による、見たこともない〈動く〉博物館。
敬して遠ざけない、古典芸能の遊びかた

京都を拠点に、歌舞伎の演目を現代の視点で捉え直してきた木ノ下歌舞伎。『義経千本桜』『勧進帳』『菅原伝授手習鑑』といったおなじみの演目から、『摂州合邦辻』などで名を残す浄瑠璃作者・菅専助をクローズア...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2013/10/12 (土) ~ 2013/10/13 (日)
劇場 京都芸術劇場(京都造形芸術大学) 春秋座
出演 芦谷康介、京極朋彦、竹内英明
脚本
演出 杉原邦生
料金(1枚あたり) 1,000円 ~ 3,000円
【発売日】
一般 前売 ¥2,500/当日 ¥3,000
ユース・学生 前売 ¥2,000/当日 ¥2,500
シニア 前売 ¥2,000/当日 ¥2,500
高校生以下 前売 ¥1,000/当日 ¥1,000
※ユースは25歳以下、シニアは65歳以上
※全席自由
サイト

http://kyoto-ex.jp/program/kinoshita-kabuki/

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル 10月
12日 (土) 15:00-, 19:00-
13日 (日) 13:00-, 17:00-
説明 木ノ下歌舞伎による、見たこともない〈動く〉博物館。
敬して遠ざけない、古典芸能の遊びかた

京都を拠点に、歌舞伎の演目を現代の視点で捉え直してきた木ノ下歌舞伎。『義経千本桜』『勧進帳』『菅原伝授手習鑑』といったおなじみの演目から、『摂州合邦辻』などで名を残す浄瑠璃作者・菅専助をクローズアップした連続企画まで、主宰・木ノ下裕一の指針に基づいて、演目ごとにさまざまな演出家を起用しながら上演を果たしてきた。
『三番叟』は、2008、12年にも、木ノ下裕一監修、杉原邦生演出で上演され、2013年には海外公演も実現した人気のダンス作品。
再演するごとに更新を続けて、木ノ下歌舞伎の躍進を計る格好の演目になっている。さらに今回は、「三番叟」の歴史をたどる関連展示、狂言師・茂山童司の舞も組み合わせるという、劇場全体を使ったツアー形式で体感できるスペシャルな企画。能狂言から歌舞伎へと受け継がれ、発展してきた『三番叟』は日本芸能を象徴する神事的な演目。その祝祭性はそのままに、木ノ下歌舞伎がSAMBASOの歴史に新たな1ページを書き加える。
その他注意事項
スタッフ 原案・監修:木ノ下裕一
演出・美術:杉原邦生

[情報提供] 2013/09/22 08:27 by CoRich案内人

[最終更新] 2013/10/23 17:31 by CoRich案内人

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

チケット取扱い

この公演に携わっているメンバー0

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大