庭劇団ペニノ

元・立誠小学校(京都府)

2013/10/03 (木) ~ 2013/10/08 (火) 公演終了

上演時間:

驚愕の舞台美術とともに、異様で猥雑な妄想の扉が開く。
ただし、それは〈あなた〉自身の妄想かもしれない…

庭劇団ペニノ主宰のタニノクロウは、かつて自身が住んでいた東京・青山のマンションの一室を、時間と手間を惜しみなく費やし劇団のアトリエへと改装。「はこぶね」と名付けられた極めてプライベー...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2013/10/03 (木) ~ 2013/10/08 (火)
劇場 元・立誠小学校
出演 山田伊久磨、飯田一期、島田桃依(青年団)、瀬口タエコ
脚本 タニノクロウ
演出 タニノクロウ
料金(1枚あたり) 1,000円 ~ 3,500円
【発売日】
一般 前売 ¥3,000/当日 ¥3,500
ユース・学生 前売 ¥2,500/当日 ¥3,000
シニア 前売 ¥2,500/当日 ¥3,000
高校生以下 前売 ¥1,000/当日 ¥1,000
※ユースは25歳以下、シニアは65歳以上
※全席自由
サイト

http://kyoto-ex.jp/program/penino/

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル 10月
3日 (木) 19:30-
4日 (金) 19:30-
5日 (土) 14:00-, 18:00-
6日 (日) 14:00-, 18:00-
7日 (月) 19:30-
8日 (火) 19:00-
説明 驚愕の舞台美術とともに、異様で猥雑な妄想の扉が開く。
ただし、それは〈あなた〉自身の妄想かもしれない…

庭劇団ペニノ主宰のタニノクロウは、かつて自身が住んでいた東京・青山のマンションの一室を、時間と手間を惜しみなく費やし劇団のアトリエへと改装。「はこぶね」と名付けられた極めてプライベートかつミニマムな空間で、異様で猥雑、そして愛らしい妄想ファンタジーを繰り広げてきた。そんな「はこぶね」が新作を携えて、ついに外の世界へと出航した!
本作は、2004年から4年ごとに「はこぶね」で立ち上がった作品『小さなリンボのレストラン』『苛々する大人の絵本』『誰も知らない貴方の部屋』を下地にする。不穏な妄想がうずまく奇妙な世界を舞台上の〈現実〉に出現させ
話題を呼んだこれらの3作品をひとつの〈箱〉にぎゅっと詰めこみ、新しい作品に仕立て上げた、贅沢でぶっ飛んだ企み。また、それらの作品世界を縦横に展開させる、驚異的な舞台装置も見ものだ。
3 + 1の世界/空間を行き来する無限のループは、醒めない夢の中にいるような、恐怖と愉悦にどっぷりと浸かる体験となるだろう。
庭劇団ペニノ流『不思議の国のアリス』ともいえる、『大きなトランクの中の箱』。その舞台はきっと、生々しくて、切実で、愛おしい。
その他注意事項
スタッフ

[情報提供] 2013/09/22 08:23 by CoRich案内人

[最終更新] 2013/10/23 16:58 by CoRich案内人

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

チケット取扱い

この公演に携わっているメンバー0

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大