演劇

さだまさし小説初の舞台化!

眉山~びざん~

明治座

明治座(東京都)

2007/12/02 (日) ~ 2007/12/23 (日) 公演終了

上演時間:

東京の旅行代理店で働く咲子(石田ゆり子)は、故郷の徳島で一人暮らす母・龍子(宮本信子)が末期癌で数ヶ月の命と告知される。
徳島に滞在し、母を看取ろうと決心した矢先、咲子は母が自分にだまって「献体」を申し込んでいたことを知る。
なぜなのか?やがて咲子は、まだ会ったことのない父の存在と、母の想...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2007/12/02 (日) ~ 2007/12/23 (日)
劇場 明治座
出演 熊谷真実、宮本信子、石田ゆり子、山本學、石倉三郎、高橋和也、正司花江、曽我廼家文童、阪田瑞穂、大鷹明良、福本伸一、木村靖司、朝倉伸二
脚本 さだまさし、齋藤雅文
演出 栗山民也
料金(1枚あたり) 5,000円 ~ 12,000円
【発売日】
A席 12,000円
B席 5,000円
サイト

http://www.meijiza.co.jp/info/2007/12/main.html

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル
説明 東京の旅行代理店で働く咲子(石田ゆり子)は、故郷の徳島で一人暮らす母・龍子(宮本信子)が末期癌で数ヶ月の命と告知される。
徳島に滞在し、母を看取ろうと決心した矢先、咲子は母が自分にだまって「献体」を申し込んでいたことを知る。
なぜなのか?やがて咲子は、まだ会ったことのない父の存在と、母の想いに辿り着く。
母のある願いを叶えるために、咲子は母を熱狂の阿波おどりに連れ出す・・・。
毅然と生きてきた女性の切なく苦しい愛が胸を打つ大作!
その他注意事項
スタッフ 原作: さだまさし「眉山」(幻冬舎文庫) 脚本:齋藤雅文
演出 栗山民也 テーマ音楽:さだまさし
主催・制作: 明治座 企画・制作:シーエイティプロデュース
協力: 幻冬舎 さだ企画 徳島市

[情報提供] 2007/11/03 11:21 by こりっち管理人

[最終更新] 2007/12/20 16:08 by こりっち管理人

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

チケット取扱い

この公演に携わっているメンバー0

このページのQRコードです。

拡大