神田さち子 語りの会

俳優座劇場(東京都)

2013/10/28 (月) ~ 2013/10/28 (月) 公演終了

上演時間:

「戦争は弱いもんが、犠牲になるとです。」

念願叶って懐かしい祖国に一時帰国した王桂花(日本名:鈴木春代)。鹿児島の錦江湾の浜辺で、ボランティアに自身の半生を語り始めた。
「わたしたち夫婦は、新しい生活を目指して満州(中国北東部)開拓団に加わり、大陸へ渡りました。農業も順調、子宝にも恵ま...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2013/10/28 (月) ~ 2013/10/28 (月)
劇場 俳優座劇場
出演 神田さち子
脚本 杉山義法
演出 杉山義法
料金(1枚あたり) 3,500円 ~ 4,000円
【発売日】
一般3500円 当日4000円
※全席自由
サイト

http://www.tr3.net/sachiko/schedule/schedule.html

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル 昼の部:14:00(開場13:30)
夜の部:18:30(開場18:00)
説明 「戦争は弱いもんが、犠牲になるとです。」

念願叶って懐かしい祖国に一時帰国した王桂花(日本名:鈴木春代)。鹿児島の錦江湾の浜辺で、ボランティアに自身の半生を語り始めた。
「わたしたち夫婦は、新しい生活を目指して満州(中国北東部)開拓団に加わり、大陸へ渡りました。農業も順調、子宝にも恵まれて、私たち家族は幸せでした……。」

その幸福も日本の敗戦によって激変する。逃避行の中で春代は我が子に手をかけ、匪賊に襲われ、夫にも見捨てられる。
置き去りにされた彼女を助けてくれたのは中国人の王才人。彼との間に子供も産まれ、再び新しい家族と幸せを見いだしたのもつかの間、中国全土に吹き荒れた文化大革命の嵐で彼女の家族はバラバラに……
「私たちは、日本の国へ何も言うことはありません。ただ、私たちのような者が中国の地にまだいることを、忘れないで下さい。」
その他注意事項
スタッフ 原作:良永勢伊子

[情報提供] 2013/09/15 22:29 by CoRich案内人

[最終更新] 2013/09/15 22:30 by CoRich案内人

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

この公演に携わっているメンバー0

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大