東京セレソンデラックス

「劇」小劇場(東京都)

2001/09/04 (火) ~ 2001/09/09 (日) 公演終了

上演時間:

人情に厚くて、涙もろいせいで失敗を繰り返すコソ泥の沢木裕次郎と舎弟のヤス。

夏の終わりのある晩、二人が忍び込んだ先は下町は蔵前の寿司屋「すし政」。しかし、あえなく見つかった上にぼこぼこにされ失神。万事休すと思いきや、翌日目を覚ました二人を待ち受けていたのは歓迎の嵐だった。

「テル!...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2001/09/04 (火) ~ 2001/09/09 (日)
劇場 「劇」小劇場
出演 宅間孝行、永田恵悟、片渕忍、藤田京子、嶺乗崇、砂塚舞、赤間知花、金子千絵、村上和彦、野口小百合、長南公、宮前利成、住吉ちほ
脚本 サタケミキオ
演出 サタケミキオ
料金(1枚あたり)
【発売日】
サイト

http://www.ts-dx.com/modules/drama0/index.php?id=2

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル
説明 人情に厚くて、涙もろいせいで失敗を繰り返すコソ泥の沢木裕次郎と舎弟のヤス。

夏の終わりのある晩、二人が忍び込んだ先は下町は蔵前の寿司屋「すし政」。しかし、あえなく見つかった上にぼこぼこにされ失神。万事休すと思いきや、翌日目を覚ました二人を待ち受けていたのは歓迎の嵐だった。

「テル!お帰り!」・・・すし政の面々は十年前にそこを飛び出していった板前のテルと瓜二つの沢木を見て、完全に勘違いしてしまったのだ。おりしも「すし政」では大将が亡くなった直後。向かいの先頭の主人の源さん、セツコさん夫婦、見習をしていたみどり、亡くなった大将の次女の春子はテルがもう一遍ここで握ってくれりゃあ・・・と大はしゃぎ。

焦る沢木とヤスだが、何とかその場をしのいでトンズラ決め込もうと思った矢先、店長の秋子が現れ、沢木の心は揺れに揺れる。秋子に一目惚れしてしまったのだ。沢木の悪い癖に心穏やかじゃないヤスだったが、ヤスもヤスで居心地のよさにあっという間に「すし政」に心惹かれていく。

しかし、「すし政」を取り巻く環境は平穏ではなかった。大将が急死した後には莫大な借金が残されていたのだ。徐々に平常心を失っていく「すし政」の面々とそれに気付かぬ沢木とヤス。そこにはとんでもない秘密が隠されていたのだった。

果たして沢木と秋子の恋の行方は・・・
「すし政」の人々の運命は・・・
その他注意事項
スタッフ 作・演出/サタケミキオ 照明/日高舞台照明
舞台監督/冨広陽子 舞台美術/向井登子
音響/飯島弘敬 宣伝美術/山本恵章
振付/POSA 演出助手/村上和彦
制作/小野麻希子・碓井夕梨子

[情報提供] 2007/01/02 22:10 by こりっち管理人

[最終更新] 2007/01/02 23:11 by こりっち管理人

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

チケット取扱い

この公演に携わっているメンバー0

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大