演劇

チェルノゼム Schale.01

命を弄ぶ男ふたり

チェルノゼム

せんだい演劇工房10-BOX(宮城県)

2013/10/30 (水) ~ 2013/11/03 (日) 公演終了

休演日:なし

上演時間:

◇チェルノゼムとは
農業に適した肥沃な土壌、黒土の総称。2013年、小濱昭博が立ち上げた表現者団体。トップダウン式のクリエーションの形をとらず、クリエーションに参加するメンバーがそれぞれの立場から「そこでしか体験できない」舞台現象を眼差し、作品を創作していく。

◇あらすじ
鉄道線路の...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2013/10/30 (水) ~ 2013/11/03 (日)
劇場 せんだい演劇工房10-BOX
出演 藤田翔、渡邉時生
脚本 岸田國士
演出 小濱昭博
料金(1枚あたり) 500円 ~ 2,000円
【発売日】2013/09/01
一般前売り:1500円
学生前売り:1000円
リピーター割引:500円
当日:500円増し
サイト

http://chernozem88.jimdo.com/

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル 2013年10月30日(水)~11月3日(日)
10月30日(水)
14:00~
19:00~
10月31日(木)
14:00~
19:00~
11月01日(金)
14:00~
19:00~
11月02日(土)
14:00~
19:00~
11月03日(日)
13:00~
18:00~
(開場は30分前)
説明 ◇チェルノゼムとは
農業に適した肥沃な土壌、黒土の総称。2013年、小濱昭博が立ち上げた表現者団体。トップダウン式のクリエーションの形をとらず、クリエーションに参加するメンバーがそれぞれの立場から「そこでしか体験できない」舞台現象を眼差し、作品を創作していく。

◇あらすじ
鉄道線路の土手ーその下が、材木の置き場らしい僅かの空き地、黒く湿った土の、ところどころに、踏み躙られた雑草。
遠くに、シグナルの赤い灯。
どこかに、月が出ているのだろう。
そんな月夜に、眼鏡をかけた男と包帯をした男が出会う。
ふたりは自殺志願者である。
汽笛が鳴る。汽車の音が近づいてくる。

◇演出の言葉
この戯曲は一九二五(大正十四)年、今から88年前に発行されました。88年前の戯曲に挑むにあたり、88年後のことを考えます。88年後のこの土地では、多分今ここにいるあなたも私も、もういない。ただこの土地に演劇は残るだろう。この戯曲も残るだろう。そこにどんな爪あとを残せるか分からないのだけれど、残せるようにもがいてみようと思う。今、この土地に生きるものとして。

小濱昭博
その他注意事項
スタッフ ・演出 小濱昭博
・舞台監督 神崎祐輝
・舞台監督助手 髙野亮介
・音響 櫻井楓
・照明 神崎祐輝 早坂友紀
・舞台美術 宮下直己
・制作 三澤一弥
・宣伝美術 川村智美
・素材提供 Bico

[情報提供] 2013/09/11 01:14 by 小濱昭博

[最終更新] 2013/10/08 18:28 by みさわ

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

チケット取扱い

この公演に携わっているメンバー3

ときお

ときお(2)

出演します。

みさわ

みさわ(0)

役者・俳優 ダンサー 美術 制作 宣伝美術

制作です

小濱昭博

小濱昭博(1)

役者・俳優 美術 制作

演出します。 初めて岸田國士作品を演出します。

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大