SPAC・静岡県舞台芸術センター

富士宮市民文化会館 大ホール(静岡県)

他劇場あり:

2012/12/23 (日) ~ 2012/12/23 (日) 公演終了

上演時間:

ユニークな仮面劇の手法と、印象的な業火のラストシーンで観客を魅了した『ドン・ファン』や、劇場を南米の荒野に変えて観客を驚愕させた『シモン・ボリバル、夢の断片』の衝撃も記憶に新しい、天真爛漫、奇抜無類の「舞台の魔術師」オマール・ポラスが、満を持してシェイクスピアの永遠の名作に挑戦する。今回はベテ...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2012/12/23 (日) ~ 2012/12/23 (日)
劇場 富士宮市民文化会館 大ホール
出演 大内米治、貴島豪、武石守正、舘野百代、美加理、山本実幸、吉見亮、渡辺敬彦、ルイ・フォルティエ、ピエール=イヴ・ル・ルアルン、ソフィー・ブレック
脚本
演出 オマール・ポラス
料金(1枚あたり)
【発売日】
サイト

http://www.spac.or.jp/12_romeo.html

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル https://www.facebook.com/media/set/?set=a.423797604342884.101728.343527339036578&type=1
説明 ユニークな仮面劇の手法と、印象的な業火のラストシーンで観客を魅了した『ドン・ファン』や、劇場を南米の荒野に変えて観客を驚愕させた『シモン・ボリバル、夢の断片』の衝撃も記憶に新しい、天真爛漫、奇抜無類の「舞台の魔術師」オマール・ポラスが、満を持してシェイクスピアの永遠の名作に挑戦する。今回はベテラン揃いのSPAC俳優陣に加え、スイスを代表する劇団「テアトロ・マランドロ」から実力派俳優たちが集結した。言葉の壁を越えた二つの異文化の競演に、彼はラテンのリズムと独自の「和」のテイストを注ぎこむ。未だかつてない多国籍版『ロミオとジュリエット』に、すでにヨーロッパの劇場からも招聘の声が次々とあがっている。
その他注意事項 ◎「アーティスト・トーク」
11月24 日(土)、12 月1日(土)、8日(土)の終演後に宮城聰とゲストによるアーティスト・トークを行います。
11月24日(土)河合祥一郎(東京大学教授)、オマール・ポラス
12月1日(土)小野寺修二(演出家)
8日(土)笠井叡(舞踊家・振付家)

スタッフ 構成・演出:オマール・ポラス
原作:ウィリアム・シェイクスピア
日本語訳:河合祥一郎
フランス語訳:フランソワ=ヴィクトル・ユゴー

翻案:マルコ・サバティーニ、オマール・ポラス
台本作成:芳野まい
演出助手:ファビアナ・メディナ
舞台監督:村松厚志
舞台装飾:オマール・ポラス(舞台装置は舞台芸術公園「楕円堂」内装に基づく)
装置アドバイザー:アメリー・キリツェ=トポール
装置制作:深沢襟、佐藤洋輔
舞台:市川一弥、佐藤聖、永野雅仁
作曲:アレッサンドロ・ラトチ
音響デザイン:エマニュエル・ナッペイ
音響: 西沢理恵子、小嶋純真
照明デザイン:岩品武顕 ((公財)埼玉県芸術文化振興財団)
照明操作:小早川洋也
照明:松村彩香
衣裳:駒井友美子、岡本孝子、岩崎晶子、岡村英子、大岡舞
衣裳アドバイザー:堂本教子
衣裳アシスタント:市川晶子、清千草
かつら・メイクデザイン: ヴェロニク・グエン
かつら・メイクアシスタント:畑ジェニファー友紀
殺陣指導:関貴之進
通訳:石川裕美、ブランディーヌ・ドゥレトワール
広報:サラ・ドミンゲス
企画:フロランス・クレットル
制作・字幕:佐伯風土、伊藤尚子
インターン:テイラー・ヘルムボルト

[情報提供] 2013/09/08 00:44 by CoRich案内人

[最終更新] 2013/11/25 14:36 by こりっち管理人

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

チケット取扱い

この公演に携わっているメンバー0

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大