演劇

ala Collectionシリーズvol.6 

秋の螢

0 お気に入りチラシにする

演劇

ala Collectionシリーズvol.6 

秋の螢

(公財)可児市文化芸術振興財団

可児市文化創造センター(岐阜県)

他劇場あり:

2013/09/28 (土) ~ 2013/10/06 (日) 公演終了

上演時間:

『人魚伝説』『焼肉ドラゴン』などをはじめ家族と人間の可笑しさや哀しさを書いて定評のある鄭 義信。彼の幻の名作『秋の螢』が12年ぶりによみがえります。都会の片隅にある忘れ去られたようなボート乗り場。そこに吹き寄せられたようにやってくる女と男たち。どうしようもない孤独を抱えているがゆえに優しく、可...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2013/09/28 (土) ~ 2013/10/06 (日)
劇場 可児市文化創造センター
出演 細見大輔、渡辺哲、小林綾子、福本伸一、粟野史浩
脚本 鄭義信
演出 松本祐子
料金(1枚あたり) 1,500円 ~ 3,000円
【発売日】
全席指定3,000円
18才以下1,500円
サイト

http://www.kpac.or.jp/collection6/ticket.html

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル http://www.kpac.or.jp/event/detail_432.html

9/28(土)14:00※
9/29(日)14:00
9/30(月)18:30※
10/2(水)14:00
10/3(木)14:00※
10/4(金)18:30
10/5(土)14:00
10/6(日)14:00
※アフタートーク
説明 『人魚伝説』『焼肉ドラゴン』などをはじめ家族と人間の可笑しさや哀しさを書いて定評のある鄭 義信。彼の幻の名作『秋の螢』が12年ぶりによみがえります。都会の片隅にある忘れ去られたようなボート乗り場。そこに吹き寄せられたようにやってくる女と男たち。どうしようもない孤独を抱えているがゆえに優しく、可笑しく、そして切ない疑似家族ドラマ。家族の絆が薄れつつある現代にあって、本作はあらためて「家族とは」「絆とは」と問いかけます。
その他注意事項 未就学児童は入場をご遠慮ください。
スタッフ

[情報提供] 2013/08/24 19:59 by IMO

[最終更新] 2013/10/15 08:03 by こりっち管理人

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

チケット取扱い

この公演に携わっているメンバー0

このページのQRコードです。

拡大