演劇

プルーラル・シアター・プロジェクト

SPAC秋のシーズン

演劇

プルーラル・シアター・プロジェクト

王女A

SPAC秋のシーズン

SPAC・静岡県舞台芸術センター

舞台芸術公園 稽古場棟「BOXシアター」(静岡県)

2007/11/17 (土) ~ 2007/11/18 (日) 公演終了

上演時間:

女よ、世界を産みなおせ!


『王女A』は2005年8月に「マレビトの会」によって初演された。松田正隆は、『紙屋悦子の青春』(1992)など、茶の間を舞台に日常を端正に描く作品で知られていたが、『天草記(てんそうき)』(00)を機に、伝承や神話と日常が融合した魔術的リアリズムといえる作風...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2007/11/17 (土) ~ 2007/11/18 (日)
劇場 舞台芸術公園 稽古場棟「BOXシアター」
出演 赤木忍、石崎明子、内田裕子、内田裕子、荻田真子、風早孝将、権田朋子
脚本 松田正隆
演出 松田正隆
料金(1枚あたり) 3,000円 ~ 3,000円
【発売日】
3,000円/同伴チケット(2枚)5,000円
サイト

http://www.spac.or.jp/07_autumn/queenA.html

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル
説明 女よ、世界を産みなおせ!


『王女A』は2005年8月に「マレビトの会」によって初演された。松田正隆は、『紙屋悦子の青春』(1992)など、茶の間を舞台に日常を端正に描く作品で知られていたが、『天草記(てんそうき)』(00)を機に、伝承や神話と日常が融合した魔術的リアリズムといえる作風へと移行していった。03年に「マレビトの会」を結成して以降は、非論理・非日常的な世界の構築へと大きく変貌をとげている。
『王女A』も詩のように断片的なテクストを用いており、台詞も登場人物に対して明確に割りふられていない。失踪した王女Aを探す侍女たち、亡霊となった王国の兵士たち。彼らの妄想のような言葉の数々が人物の境界線をあいまいにしながら叙事詩的世界を形作っていく。この作品の女たちは来る日も来る日も機を織りながら夫オデュッセウスを待つペネロペイアを彷彿とさせる。だが、松田の描く女たちはホメロスの叙事詩のように男の都合に唯々諾々と従う女たちではない。『王女A』は待つ女こそが世界の命運を握る反転された『オデュッセイア』である。豊饒な言葉の海から、リアルが浮かびあがってくる。
その他注意事項
スタッフ 作・演出:松田正隆

出演:演劇ユニット水蜜塔

舞台監督:村上裕二(鳥の劇場)
照明:高原文江
音響:石井智也
演出助手:林田恵里
舞台製作:山本サトシ、渡部正寛、菱川文彦
制作:大森誠一、市美穂、古本径子

[情報提供] 2007/10/31 16:53 by こりっち管理人

[最終更新] 2007/10/31 16:54 by こりっち管理人

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

この公演に携わっているメンバー1

みん

みん(3)

こんにちは。 キャストで参加する岡山の演劇ユニット水...

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大