松竹

新橋演舞場(東京都)

2013/10/03 (木) ~ 2013/10/27 (日) 公演終了

上演時間:

時は慶長年間。
関ヶ原の合戦から十三年後。大坂の陣で豊臣家が滅亡する二年ほど前。
豊臣家は、着々と固まる徳川の体制になす術もなく圧倒され続けていた。当主の秀頼は愚鈍な若君と言われ、
淀君が政に口を出す始末。

そんな時代に亡き秀吉の家臣であった三人がいた。
花鶏織部<あとりおりべ>...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2013/10/03 (木) ~ 2013/10/27 (日)
劇場 新橋演舞場
出演 中村獅童、濵田崇裕、藤井隆、榎木孝明、真琴つばさ、早乙女太一
脚本 齋藤雅文
演出 きだつよし
料金(1枚あたり) 2,600円 ~ 13,600円
【発売日】
1等席:12,600円
2等席:8,400円
3階A席:4,200円
3階B席:2,600円
桟敷席:13,600円
サイト

http://www.shochiku.co.jp/play/enbujyo/schedule/2013/10/post_121.php

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル
説明 時は慶長年間。
関ヶ原の合戦から十三年後。大坂の陣で豊臣家が滅亡する二年ほど前。
豊臣家は、着々と固まる徳川の体制になす術もなく圧倒され続けていた。当主の秀頼は愚鈍な若君と言われ、
淀君が政に口を出す始末。

そんな時代に亡き秀吉の家臣であった三人がいた。
花鶏織部<あとりおりべ>(中村獅童)がそのリーダーである。
そして、花輪嵐<はなわあらし>(濵田崇裕)と蓬莱万十郎<ほうらいまんじゅうろう>(藤井隆)。
三人は豊臣の再興を夢見ながらも日々厳しい現実と向き合っていた。

ある日、達磨桃太郎<だるまももたろう>(早乙女太一)は豊臣家で新しいお抱えの募集があることを知り、
大阪城へ急ぐ内、ひょんなことから万十郎、続いて嵐、そして織部と順番に出会い、“後刻果し合い”を約束することになる。
果し合いに向かう四人であったが、そこで出会った四人はこの後、意気投合し、打倒徳川を誓う仲間となる。

一方豊臣の家臣の中で徳川と交渉しているのは
淀君と信頼関係のある家臣の片桐且元<かたぎりかつもと>(榎木孝明)だったが、
片桐は時代が今やすでに豊臣のものではないことを見抜いていた。そしてひそかに徳川と恐るべき密約を結んでいた。

片桐の不審な動きを察した織部はその証拠を探るが、なかなか掴めない。

そんな中、再び勢力を取り戻すために淀君は秘密の計画を考えていた。
それは熊野権現に納められている「家康の誓紙」を捜すこと。織部たち三銃士と桃太郎はその特命を仰せつかることになるのだが、その特命を伝えに来た使者は織部の元妻、美苗<みなえ>(真琴つばさ)だった。

不思議な縁で集まった織部、嵐、万十郎の三銃士、そして桃太郎に美苗を加えた五人はそれぞれの思いを胸に、
熊野権現に向かう――。

息もつかせぬノンストップ時代劇! 「大和三銃士」にどうぞご期待ください。
その他注意事項
スタッフ

[情報提供] 2013/09/04 00:29 by CoRich案内人

[最終更新] 2013/10/23 17:11 by CoRich案内人

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

チケット取扱い

この公演に携わっているメンバー1

青山郁彦

青山郁彦(0)

アンサンブルで出演させていただきます!

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大