演劇

KYOTO EXPERIMENT 2013 フリンジ企画 「オープンエントリー作品」

罪と罰

デザイン:柳川晃義

0 お気に入りチラシにする

演劇

KYOTO EXPERIMENT 2013 フリンジ企画 「オープンエントリー作品」

罪と罰

劇団うりんこ

京都市北文化会館・ホール(京都府)

2013/10/05 (土) ~ 2013/10/05 (土) 公演終了

上演時間:

いま、若者に届けたい「罪と罰」

「罪と罰」が執筆された1865年のロシアは、クリミア戦争での敗退、農奴解放による都市の人口増加などが原因で、経済的矛盾と社会的不安が増大する中「革命」がリアリティを帯びてきた時代でした。自殺者の増加や、飲酒や性の乱れも深刻な社会問題となっていました。主人公...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2013/10/05 (土) ~ 2013/10/05 (土)
劇場 京都市北文化会館・ホール
出演 原田邦英、大谷勇次、内田成信、にいみひでお、宮腰裕貴、柴田早苗、青山知代佳、下出祐子、村井美奈、鷲見裕美
脚本 山崎清介
演出 山崎清介
料金(1枚あたり) 2,300円 ~ 3,500円
【発売日】2013/09/01
前売り 学生2,300円 一般3,000円
当日  学生2,800円 一般3,500円
サイト

http://www.urinko.jp/

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル 10月5日(土)14:00
説明 いま、若者に届けたい「罪と罰」

「罪と罰」が執筆された1865年のロシアは、クリミア戦争での敗退、農奴解放による都市の人口増加などが原因で、経済的矛盾と社会的不安が増大する中「革命」がリアリティを帯びてきた時代でした。自殺者の増加や、飲酒や性の乱れも深刻な社会問題となっていました。主人公ラスコーリニコフは、自分の頭の中で組み立てた理論で殺人を犯してしまった青年です。他人への嫌悪と他人を求める心に引き裂かれたこの青年の物語は、私達に凄まじいリアリティと共に迫ってきます。
急激な価値観の転換が行われる中で、青年層が生き方を見失う事を予言し、強烈な人間回復への願望を訴えた「罪と罰」。この作品に私たちは強い現代性を感じました。

「罪と罰」という物語の果てに見つけた一つの確かな真実。
「人が人間になるために 人間が必要である。」
147年の時を超え、今こそ若者に届けたい!!

その他注意事項
スタッフ 美術 岡本謙治
照明 山口暁
衣裳 三大寺志保美
音響 角張正雄
舞台監督 井上卓

[情報提供] 2013/09/02 16:38 by 事務局@うりんこ

[最終更新] 2013/09/29 17:53 by 事務局@うりんこ

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

この公演に携わっているメンバー2

事務局@うりんこ

事務局@うりんこ(0)

 話題の新作!今度は京都へ!

けい@うりんこ

けい@うりんこ(0)

ついに京都公演です☆

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大