演劇

青年団国際演劇交流プロジェクト2013 ジュヌヴィリエ国立演劇センター・こまばアゴラ劇場国際共同事業

演劇

青年団国際演劇交流プロジェクト2013 ジュヌヴィリエ国立演劇センター・こまばアゴラ劇場国際共同事業

愛のおわり

青年団国際演劇交流プロジェクト

神奈川芸術劇場・大スタジオ(神奈川県)

他劇場あり:

2013/10/11 (金) ~ 2013/10/14 (月) 公演終了

上演時間:

〜『愛のおわり』日本版の上演に寄せて〜
パスカル・ランベールが芸術監督を務めるジュヌヴィリエ国立演劇センターとこまばアゴラ劇場は、2007年ランベールの『愛のはじまり』日本版上演以来、緊密な交流関係を続けてきた。2012年は、私の新作アンドロイド版『三人姉妹』を、ジュヌヴィリエにて上演した。...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2013/10/11 (金) ~ 2013/10/14 (月)
劇場 神奈川芸術劇場・大スタジオ
出演 兵藤公美、太田宏
脚本 パスカル・ランベール
演出 パスカル・ランベール
料金(1枚あたり) 2,000円 ~ 3,000円
【発売日】2013/08/25
前売・当日共 一般:3,000円/学生・シニア(65歳以上):2000円
サイト

http://www.komaba-agora.com/line_up/2013/10/loves_end/

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル
説明 〜『愛のおわり』日本版の上演に寄せて〜
パスカル・ランベールが芸術監督を務めるジュヌヴィリエ国立演劇センターとこまばアゴラ劇場は、2007年ランベールの『愛のはじまり』日本版上演以来、緊密な交流関係を続けてきた。2012年は、私の新作アンドロイド版『三人姉妹』を、ジュヌヴィリエにて上演した。
パスカル・ランベールは、1990年代後半から台頭してきた「作・演出」を兼ねる新しいタイプのフランス演劇人の代表格であり、先駆者でもあった。また2010年に日本各地で上演された『世界は踊る 〜ちいさな経済のものがたり〜』では、各地の市民50名程度を舞台に上げつつ、市民参加の枠組みを超えた高い水準の作品として好評を得た。
今回の『愛のおわり』は、2011年のアヴィニヨン演劇祭で大ヒットした作品である。今回の日本初上演にあたっては、『愛のはじまり』同様、翻訳・演出に私も協力し、より完成度の高い作品をお届けしたいと考えている。

平田オリザ
その他注意事項
スタッフ 静岡児童合唱団(静岡公演)
帝塚山少年少女合唱団(大阪公演)
赤い靴児童合唱団(横浜公演)

日本語監修:平田オリザ
舞台監督:大友圭一郎
照明:山口久隆、西本 彩
衣裳:正金 彩
通訳:平野暁人
演出助手:西本 彩
フライヤーデザイン:京(kyo.designworks)
宣伝写真:山本尚明
制作:西尾祥子(システマ) 横山 優 赤刎千久子

[情報提供] 2013/08/21 04:06 by CoRich案内人

[最終更新] 2013/10/23 23:10 by こりっち管理人

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

チケット取扱い

この公演に携わっているメンバー0

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大