その他

サマーフェスティバル2013 ザ・プロデューサー・シリーズ 池辺晋一郎がひらく

その他

サマーフェスティバル2013 ザ・プロデューサー・シリーズ 池辺晋一郎がひらく

インプロヴィゼーション×ダンス

サントリー芸術財団

サントリーホール ブルーローズ(小ホール)(東京都)

2013/09/06 (金) ~ 2013/09/06 (金) 公演終了

上演時間:

1.アイデンティティを越えて
2.大自然――畏れと共生、そして美

『「インプロヴィゼーション×ダンス」は、若い頃から関心のあったエスニック・ミュージックとダンスを組み合わせた企画です。
前半の「アイデンティティを越えて」では、さまざまな国のミュージシャンが、自分たちの国籍、民族性を越...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2013/09/06 (金) ~ 2013/09/06 (金)
劇場 サントリーホール ブルーローズ(小ホール)
出演 常味裕司(ウード)、太田惠資(ヴァイオリン)、本條秀五郎(三味線)、紫竹芳之(笛)、クリストファー・ハーディ(パーカッション、ドラムス)、フレデリック・ヴィエノ(ピアノ、キーボード)、ジェフ・カリー(ベース)、アンディ・べヴァン(ソプラノサックス、フルート、ディジュリドゥ)、新井剛(シタール)、白井さち子、鈴木美奈子、鈴木陽平、田村裕子、松本大樹
脚本
演出
料金(1枚あたり) 1,000円 ~ 3,000円
【発売日】
[自由席]一般席 3,000円/学生席1,000円
サイト

http://suntorysummer.com/0906/

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル 9月6日(金) 19:00
説明 1.アイデンティティを越えて
2.大自然――畏れと共生、そして美

『「インプロヴィゼーション×ダンス」は、若い頃から関心のあったエスニック・ミュージックとダンスを組み合わせた企画です。
前半の「アイデンティティを越えて」では、さまざまな国のミュージシャンが、自分たちの国籍、民族性を越えたインプロヴィゼーションをします。
後半はダンサーが加わってのインプロヴィゼーション「大自然――畏れと共生、そして美」で、「3.11」がテーマです。あの震災であらためて痛感した大自然の脅威と、その大きな掌(たなごころ)のなかにしか存在できない人間のあり方を、多少なりとも反映させたいという気持ちです。』(池辺晋一郎)
その他注意事項 ※就学前のお子様の同伴・入場はご遠慮ください。
※学生席はサントリーホールチケットセンター窓口のみ取り扱い。購入時に学生証要提示、お一人様1枚限りです。
※出演者・曲目は予告なしに変更になる場合があります。
スタッフ コーディネーター:上田亨
照明プランナー:林順之
音響:羽生田徳美

[情報提供] 2013/08/15 13:49 by 土反

[最終更新] 2013/09/07 00:32 by 土反

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

チケット取扱い

この公演に携わっているメンバー0

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大