演劇

2013年秋季アンコール公演

レーツェルレーゼン

デザイン:小副川忠親

0 お気に入りチラシにする

演劇

2013年秋季アンコール公演

レーツェルレーゼン

演劇創作館 椿楼

ぽんプラザホール(福岡県)

2013/10/05 (土) ~ 2013/10/06 (日) 公演終了

上演時間:

1899年、スイス。
「エーテル」と呼ばれる物質が空気中に存在すると信じられ、
物理学において「光の研究」が最も流行していた頃。
卒業論文で無謀にも光についての新説を発表しようと
悪戦苦闘する青年の元に、絶望的な報せが飛び込んでくる。

「光の性質は、ほぼ完全に明らかになった」
...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2013/10/05 (土) ~ 2013/10/06 (日)
劇場 ぽんプラザホール
出演 中山啓士、磯村誠、原田昌幸、亀岡紋加(劇団アントンクルー)、小峰真梨子、井ノ口美津希(福岡女学院大学)、浜松愛、中村緑、小川裕慈(フリー)
脚本 高橋克昌
演出 高橋克昌
料金(1枚あたり) 500円 ~ 1,200円
【発売日】2013/08/14
学生前売\500  当日\800
一般前売\1000 当日\1200
サイト

http://blogs.yahoo.co.jp/syokan1985/64529997.html

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル 10月5日(土) 18時~
10月6日(日) 13時~ 17時~
(開場は開演の30分前。上演時間は約120分予定)
説明 1899年、スイス。
「エーテル」と呼ばれる物質が空気中に存在すると信じられ、
物理学において「光の研究」が最も流行していた頃。
卒業論文で無謀にも光についての新説を発表しようと
悪戦苦闘する青年の元に、絶望的な報せが飛び込んでくる。

「光の性質は、ほぼ完全に明らかになった」

目標を見失いそうになりながらも
自らの夢を諦め切れない青年は、
物理学サークルの仲間と共に議論を交わし、
新説の糸口を探っていく。
それこそが後に「奇跡の一日」と呼ばれる
「謎解き」――《レーツェルレーゼン》の始まりだった……


膨大な資料・論文を整理し、表現された学術的論争。
高難度の議論を軽やかに駆け抜けるべく、
緻密に組み上げられた翻訳調の台詞。

2008年の上演以降、多くのリピーターを生み出し、
現在まで再演を熱望され続けた一作が、
遂にその声にお応えし、再演決定。
5年の時を経て、あの「奇跡の一日」が甦る!


※本作は史実を元にしたフィクションです。
人物像、歴史的発見の経緯については、史実と異なる部分がございます。
その他注意事項 未就学児童入場不可
スタッフ 装置 中島 信和(兄弟船)
照明 土肥 聖子
音響 吉住 留依
小道具 原田 昌幸
衣装 磯村 誠 / 中村 緑
制作 小副川 忠親

[情報提供] 2013/08/15 08:27 by 高橋 克昌

[最終更新] 2013/10/12 00:06 by 高橋 克昌

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

チケット取扱い

この公演に携わっているメンバー1

高橋 克昌

高橋 克昌(0)

役者・俳優 その他(朗読家) 脚本 演出 演出助手

演出・脚本担当

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大