眠りの森-Boy's Side Adventure-【閉幕御礼】 公演情報 眠りの森-Boy's Side Adventure-【閉幕御礼】」の観てきた!クチコミ一覧

満足度の平均 3.6
1-10件 / 10件中
  • 満足度★★★★

    単品としてのクオリティも十分なるも
    昨年夏の Girl's Side の断片も取り入れながらあれこれを回収する手際が鮮やかで、単品として観ても十分なクオリティだったのではあるまいか?
    が、過去に観た2作と比べてオーソドックス気味だったのがやや残念?

  • 満足度★★★

    初やぶさか
    知人に薦められて観劇。
    純粋に楽しめました。話もわかりやすくて、シンプル。
    役者から役への愛情を感じました。

  • 満足度★★★★

    楽しかったです♪
    家族4人で観させていただきました。続編を舞台で見るというのが初めてだったのですが、前作を観た子どもが内容を予想し、それがほとんど当たってしまいました。いつも観劇後、家族で感想を話し合うのが楽しみだったので、それがあだとなってしまった感じです・・。そんなわけで、一話完結型の方がより楽しめたな?と思ったりしました。お話は好きです♪情景豊かなところもとても好きです♪子どもは「柔らかく、ふわっとした感じで終わった」と言っていました。次はもっと情熱的な舞台?を観たいかな(*^-^*)

  • 満足度★★★

    勿体無いかな…?
    前回公演にお手伝いさせて頂いたのもあり、今回も色々お世話になったのもあり、オープニングから泣きそうになりました…。

    全体的にそれなりにイイ物ではあったんですが、私自身はどこか物足りなさを感じたのが正直なトコロです。

    やぶさかさんならもっとイイ物が出来ると思ってます。
    また次回公演に期待してます!

  • 満足度★★

    子供向けにしても作りが甘かったと思う
    前作の後編(完結編)のようです

    それにしても細かい作りが何かなぁ・・・・

    進行役がいなくて説明が不足していたのが原因なのではと思われた。
    進行役に相応しい森の動物さんがいたのに有効に使えていなかったなぁ。

    けっこう状況の作り方とか見せ方はユニークなものがあったがなぁ

    ふわふわした綿菓子のような印象を受けて
    作品世界が脳内イメージに確定できなかった約1時間40分。

  • 満足度★★★

    ファミリー向け。
    ・・・・子供対象の公演でしたね。

  • 満足度★★★

    華やかで楽しい
    脚本は寓話、演出はファンタジーという感じであった。キャスト陣は、若手の宝塚歌劇団のようで華やかだった。ストーリー展開は、泣き笑いがあり、盛り上がりも楽しめた。子供から大人まて、幅広い層に見ていただけるだろう。
    ただ芝居に、人間の業のような内面描写とか、行為の意味付を求める観客には物足りないと思う。
    また演技は、各役者とも表面的で役のキャラクターになりきれていないと思う。誰がどの役を演じても同じかも…。それだけ安定感があるのかもしれないが、もっと個性豊かに演じてほしかった。

  • 満足度★★★★★

    安定のやぶさか節炸裂!!!
    本日観て参りました!!悲しさあり、せつなさあり、喜びあり、愛情溢れていて、頻繁に笑いもある!いつもよりもっとお伽話のような路線の仕上がりだったと思います。元気をもらえる感動作でした!!

  • 満足度★★★★

    (^O^)楽しかったです。
    初めて、劇団やぶさかさんの舞台を観ました。
    女性ばかりの劇団なんですね。素敵なファンタジーの世界に浸ることができ楽しいひとときでした。
    うさぎさんの案内、とてもおもしろかったです。

  • 満足度★★★★★

    安定と新鮮さのやぶさかワールドでした^^
    観てきました♪
    ターリアは三浦莉奈さん。
    素直でまっすぐとても魅力的でした。
    細野美也さんのターリアも観に行くのでそちらも楽しみです。

    全体的に安定のやぶさかワールドでした。
    その中で特に目を引いたのは、役者人の清々しいほど思い切りの良い吹っ切れた動きと美しく統率されたダンス。
    ダンサーさんのステージをみてるようでした。
    表現の幅を縦にも横にもどんどん広げていっているなぁと感じました。

    可愛い、カッコイイだけでは終わらないのはやぶさかさんの魅力の一つですよね^^

    そして・・・
    待ってました水尾綾子さん^^
    彼女の役に臨む姿勢のすばらしさをこの目でみました。
    もう…なんていうか・・・『繊細』
    この一言です。
    それが、台詞や動き、表情、彼女の全てから伝わってきます。
    役に詰まっている色んな要素の全てが相対することなくまとまって出来上がっているんです。
    もう存在しているだけで一つの芸術作品のようです。
    感動です。


    これは見逃したら後悔しますよ。
    きっとDVDを作成してくれると私は思っていますがw
    やはり観るなら『生でしょ^^』

    もう一度観にいける私は幸せ者だなぁ^^
    私、この時代に生れて、生きてて良かった。
    残り公演も全力で駆け抜けてください。みなさん大好きです。

このページのQRコードです。

拡大