演劇

劇団BIG MOUSE公演

わらび野物語

0 お気に入りチラシにする

演劇

劇団BIG MOUSE公演

わらび野物語

劇団BIG MOUSE

宝塚ソリオホール(兵庫県)

2013/09/15 (日) ~ 2013/09/15 (日) 公演終了

上演時間:

物語は・・とある奥深い山間の農村に生きるヌイと村の約定を守った老人たちの和やかな中に悲壮感を漂わせる蕨野の丘での共同生活の人間模様である。
「ヌイよい。村々には昔から継承せる約定有りつる。六十まで生きた年寄りは村を出て半里あまり先の蕨野の丘にある小屋で寝食を共にする。たとえ庄屋のかかでも小作...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2013/09/15 (日) ~ 2013/09/15 (日)
劇場 宝塚ソリオホール
出演 安井牧子(劇団パロディフライ)、劇団BIGMOUSE、岡大介(K's倶楽部)、盛光秀信
脚本 高波匠志
演出 高波匠志
料金(1枚あたり) 800円 ~ 1,500円
【発売日】2013/07/12
前売 1,500円(当日2,000円) 【全席自由】
【友の会】1,200円
サイト

http://www.t-clip.info/event/event_detail.cfm?id=2067

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル 9月15日(日) 11:00/15:00
説明 物語は・・とある奥深い山間の農村に生きるヌイと村の約定を守った老人たちの和やかな中に悲壮感を漂わせる蕨野の丘での共同生活の人間模様である。
「ヌイよい。村々には昔から継承せる約定有りつる。六十まで生きた年寄りは村を出て半里あまり先の蕨野の丘にある小屋で寝食を共にする。たとえ庄屋のかかでも小作人と同じ人間として暮らすのだ。」と息子の後妻の若い嫁ヌイにこれから起こる自分の生き方と、庄屋の嫁としての有り方や役目を言い伝える姑のレンがいた。
六十の歳を迎えたレンは四、五年に一度の寒冷による凶作の年、約定というしきたりを守り八人の老人たちと共に村を出ることをヌイに伝える。だが、村の庄屋の嫁として生きていかなければならないヌイは不安を抱えながら「秋には必ず戻る」という姑の言葉を信じて大切な相談相手の姑を蕨野に送り出す。
姑レンが蕨野衆としての生活が始まる中、ヌイ姑との相聞を通じて心の不安を和らげていくのだが・・・・蕨野衆の生き様は、命は・・・?果たして秋が過ぎ、ヌイの不安は一層深まってゆく。ついに冬が来た。蕨野衆は神の稲穂が降ってきたと喜びを爆発させる中、ヌイは腹の中に一つの命が宿ったことを知る。そしてレンの行く末は・・・わらび野衆たちは・・・輪廻転生の物語の結末は・・・?
その他注意事項 ※3歳未満膝上無料、お席が必要な場合は有料。
スタッフ 【舞台監督】 中村英哉(才谷家演人)
【美 術】 堀田充規
【照 明】 鮎川光一
【音 響】 阪上和也   
【作 曲】 野村聡美
【ヘアー】 中谷容子

[情報提供] 2013/08/09 18:57 by 劇団BIG MOUSE

[最終更新] 2013/08/09 19:06 by 劇団BIG MOUSE

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

この公演に携わっているメンバー0

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大