舞踊・バレエ

Monochrome Circus

アトリエ劇研(京都府)

2013/07/25 (木) ~ 2013/07/28 (日) 公演終了

上演時間:

「身体との対話」をテーマに、京都を拠点に国際的に活躍するダンスカンパニーMonochrome Circus。  本公演では、これまでのカンパニー内の関係性を様々にシャッフルすることによって、個々のダンサーの際立ちと、有機的な繋がりを更新していくことを目指します。


『One』

振...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2013/07/25 (木) ~ 2013/07/28 (日)
劇場 アトリエ劇研
出演
演出
振付
料金(1枚あたり) 1,500円 ~ 3,000円
【発売日】
一般前売り 2,800円 一般当日 3,000円

子ども割引 1,500円
26日14:00 回のみ、カンパニーHP予約のみの取り扱い
対象:6 歳~18 歳(5 歳以下の児童は無料)
サイト

http://www.monochromecircus.com/pool/index.html

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル
説明 「身体との対話」をテーマに、京都を拠点に国際的に活躍するダンスカンパニーMonochrome Circus。  本公演では、これまでのカンパニー内の関係性を様々にシャッフルすることによって、個々のダンサーの際立ちと、有機的な繋がりを更新していくことを目指します。


『One』

振付・演出:佐伯有香
出演:坂本公成、森裕子、野村香子、福井幸代、渡邉尚
音楽:山崎伸吾
ダンサーが体を物質化させて遊ぶことの先に、新しい共有をこの5人のダンサーは見つけるだろう。そのためには、集中したひとりの状態を通ることになるだろう。周りの他者と距離を持って。エキサイティングでリスキーで悲しい。そして、私をおいてきぼりにするだろう。ひとりのダンサーのからだそのものがひとつの作品であって、その作品の中にひとり旅し続けるダンサーの姿を見たいと思う。


『凪』

演出・振付:坂本公成
音楽:J・S・バッハ
振付アシスタント:合田有紀
出演:野村香子+辻本佳
嵐の後。高揚の後。ふたりでいることの「ほんの一瞬の/永遠」の調和。凪。親和と抵抗。個体と液体。拘束と自由。振付と即興。他者とコンタクトする身体をベースに据えながら『掌編ダンス集』を貫く問題意識を頂点まで高めた、ライブ性高い作品。カーン国立振付センター作品『just to dance …』のツアーなどにも参加し国際的に活躍している辻本佳がゲスト出演。


『∞/近くてちかくてよく見えない』

演出・振付・出演:坂本公成+森裕子
音楽:山中透
3・11以後ダンスを踊ることの意味が大きく変動してしまった。価値観の変動と揺らぎをダンスを通じて見つめ直す坂本+森デュエット最新作品。音楽を元dumb type の山中透が担当。


『Species』

振付・出演:野村香子
ー 空間に身を投げ、観察をしてみる。
「Dance & Environment Project」('12年/京都芸術センター)で発表した作品を現在の身体感でリメイク。
その他注意事項
スタッフ

[情報提供] 2013/07/27 21:19 by CoRich案内人

[最終更新] 2013/07/27 21:19 by CoRich案内人

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

チケット取扱い

この公演に携わっているメンバー0

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大