演劇

オフィスコットーネ アナザー公演 第一弾

山の声-ある登山者の追想-

オフィスコットーネ

レンタルスペース+カフェ 兎亭(東京都)

2012/12/01 (土) ~ 2012/12/03 (月) 公演終了

上演時間:

この作品は、小説「孤高の人」のモデル登山家・加藤文太郎の生き様と厳冬期槍ヶ岳の遭難事故を描いています。
昭和初期、社会人登山家としての道を開拓し、果敢に独り雪山に挑戦し続けた加藤文太郎。いかなる場合でも周到な計画のもとに単独行動する彼が、岳友・吉田登美久と共に槍ヶ岳で消息を絶ったのは、昭和1...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2012/12/01 (土) ~ 2012/12/03 (月)
劇場 レンタルスペース+カフェ 兎亭
出演 白井圭太、大道達也
脚本 大竹野正典
演出 シライケイタ
料金(1枚あたり) 2,000円 ~ 2,000円
【発売日】
全席自由 2,000円
サイト

http://ameblo.jp/usagitei11/entry-11413485012.html

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル  1日(土)15:30~/18:00~
 2日(日)13:00~/15:30~/18:00~
 3日(月)19:30~
※開場は各20分前
説明 この作品は、小説「孤高の人」のモデル登山家・加藤文太郎の生き様と厳冬期槍ヶ岳の遭難事故を描いています。
昭和初期、社会人登山家としての道を開拓し、果敢に独り雪山に挑戦し続けた加藤文太郎。いかなる場合でも周到な計画のもとに単独行動する彼が、岳友・吉田登美久と共に槍ヶ岳で消息を絶ったのは、昭和11年の厳冬だった・・・
「人は死を賭してまで何故、山に挑み続けるのか・・・」彼のこの果てしない問いはやがて「人は何故、生きるのか」という普遍的なテーマに繋がっていくのです。
この戯曲の作家・大竹野正典氏は2009年7月に不慮の事故により、48歳という若さで亡くなりました。今回、オフィスコットーネ アナザー公演 第一弾では彼の遺作にして最高傑作の『山の声』を上演いたします。
その他注意事項
スタッフ 構成/演出:シライケイタ
プロデューサー:綿貫凛

[情報提供] 2013/07/26 06:18 by CoRich案内人

[最終更新] 2013/07/26 06:18 by CoRich案内人

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

チケット取扱い

この公演に携わっているメンバー0

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大