マレビトの会

SNAC(東京都)

2013/07/31 (水) ~ 2013/07/31 (水) 公演終了

上演時間:

マレビトの会では、演劇について議論する場をもうけます。
マレビトの会で実践してきた演劇表現をもとに、演劇をめぐるさまざまな言説を丹念に見つけ出し、
それについて考えるための機会とそこから生み出される思考を「マレビト・スタディーズ」と呼んでいます。
毎回テーマを決め、ゲスト・スピーカーとと...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2013/07/31 (水) ~ 2013/07/31 (水)
劇場 SNAC
出演
脚本
演出
料金(1枚あたり) 500円 ~ 500円
【発売日】
料金:500円
サイト

http://www.marebito.org/maresta3.html

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル 2013年7月31日(水)18:30 open / 19:00 start(2時間程度)
説明 マレビトの会では、演劇について議論する場をもうけます。
マレビトの会で実践してきた演劇表現をもとに、演劇をめぐるさまざまな言説を丹念に見つけ出し、
それについて考えるための機会とそこから生み出される思考を「マレビト・スタディーズ」と呼んでいます。
毎回テーマを決め、ゲスト・スピーカーとともに議論する公開勉強会を行っています。

今回は「ドラマ演劇の再検討」をテーマに勉強会への参加者を募集します。


演劇はメディアである。
出来事を媒介するものである。

例えば、人身事故に接したときに経験する車内に広がる空気の重さがある。
一人の固有の死によってダイヤは乱れ、日常へ違和が生じる。
だが、その事故という出来事そのものは見えないし、もはや渦中にはない。
そもそも出来事の渦中は伝えることができない。
けれど、現実へ与える影響としての余波をその事故から感じとるだろう。

これは、演劇の受容の一例である。
内容のわからない出来事を伝達すること。
その伝達そのものが演劇であるとしたら、演劇はなにに向けて伝達するのだろうか。

私たちはもう一度ドラマ演劇について検討する。
それは劇の起きる場所と時間について、厳密に考えるということである。
「劇の登場人物」である「劇の出演者」は、「物語の位相」と「舞台の位相」の両方に存在している。
現在に絶対的に密接する舞台空間が、同時に「現在とは別の時間の存在可能性を孕む場所」でもあると信じたい。
その他注意事項
スタッフ ○スピーカー
小澤英実(批評家・翻訳家)、桜井圭介(音楽家・ダンス批評)、新野守広(ドイツ演劇批評)
松田正隆(劇作家・演出家/マレビトの会代表)(50音順)

[情報提供] 2013/07/10 17:11 by CoRich案内人

[最終更新] 2013/07/30 21:36 by CoRich案内人

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

チケット取扱い

この公演に携わっているメンバー0

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大