その他

2007年度新作公演

「PLANETS」

ウラナチ

-IST 零番館(大阪府)

2007/10/26 (金) ~ 2007/10/28 (日) 公演終了

上演時間:

全ては偽装である。身体から偽装の皮を剥げば、そこには原型とか本質とか根源とかいう核が息を潜めている、かもしれない。または、歴史とか記憶とか経験とかいう層のようなものが重なっているのかもしれない。だが、我々は「そこには何もない」と仮定して創作を始める。何につけても、そういった深層に想いを馳せ、拠...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2007/10/26 (金) ~ 2007/10/28 (日)
劇場 -IST 零番館
出演 岸昆虫、豊田智子、秋江智文
脚本 岸昆虫
演出 岸昆虫
料金(1枚あたり) 2,500円 ~ 2,800円
【発売日】
前売2500円、当日2800円
チケット予約(ウラナチ)
TEL 06-6796-3166
MAIL uranachi@zau.att.ne.jp
ウラナチWEB予約 http://home.att.ne.jp/banana/so1/
サイト

http://home.att.ne.jp/banana/so1/

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル
説明 全ては偽装である。身体から偽装の皮を剥げば、そこには原型とか本質とか根源とかいう核が息を潜めている、かもしれない。または、歴史とか記憶とか経験とかいう層のようなものが重なっているのかもしれない。だが、我々は「そこには何もない」と仮定して創作を始める。何につけても、そういった深層に想いを馳せ、拠り所にするのは禁止! それがルールである。創作の過程で、直感や欲望が、上記の観念と衝突し矛盾を生むことは予想できる。深層に由来する感性をどう扱うか。徹底的に分析してカラクリを暴き、偽装の皮に変換して空洞を維持する他ない。とめどなく流れ出る感性と観念の闘争。矛盾の川の往復運動は避けられない。もし夢の領域や狂気の領域に属する謎の感性に襲いかかられたら、敗北を認めるしかない。そのときは記号と連想による創作をやめて、霊感を頼りに創作活動をしよう。ゲームを開始する。身体は幾何学的図形の中を行ったり来たりする。個々の身体には、冷静な司令塔が配備されている。身体は変幻自在のカードである。笑うことも泣くこともできる。単に笑い顔や泣き顔を作るだけではない。本当に笑い、本当に泣く。嘘か本当か?嘘が本当だ。カードは瞬時に変換することができる。我々は演技術という呪術を扱う詐欺師であるから訳無いことである。そして詐欺師でありながら同時に誠実で、無垢な子供である。我々は物事の善悪を指し示す政治家や宗教家ではない。善悪を秤に掛けて玩ぶ子供である。カードがうまく連続すれば文脈が生まれる。そして稀に豊かな物語性を帯びる。しかし大抵は予感とかムードとかいう言葉で片付いてしまう。ゲームは進行する。さて、司令塔の操作に当たる規範は何か。我々は偶然この場所に、この時代に、生れ落ちた。それは運命としか言いようがない。運命は変えられない。運命に、それが悲劇的であれ、喜劇的であれ、筋道をつけることなどできない。運命の次にやってくるのは、また別の運命。因果などなく唐突に襲いかかるのが運命というヤツだ。司令塔はこの運命に反抗する。目には目を、シュールにはシュールを。場面を繋ぎ、絶えず変化させる。停滞しないことが、せめてもの規範だろうか。閉鎖空間での、制限時間内での勝負。ゲームの終わりまで。
その他注意事項
スタッフ 照明 廣瀬良二
音源制作 太田真吾
音響 勝藤珠子
衣装 豊田智子
宣伝美術 山崎民子

[情報提供] 2007/10/21 23:59 by 水色

[最終更新] 2007/10/22 00:22 by 水色

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

チケット取扱い

この公演に携わっているメンバー0

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大