売春捜査官 公演情報 売春捜査官」の観てきた!クチコミ一覧

満足度の平均 3.9
1-7件 / 7件中
  • 満足度★★★★

    いやー^^;
    野口かおるさん、凄かった!
    いや勿論皆さん凄いんですけど、あのパワー、勢い、緩急。
    凄いとしか申せません。

    満員の開場の熱気も凄かった!
    結構無理して観に行った感じでしたが、無理した甲斐が有りました!

  • 満足度★★★★

    熱血野口
    ぽっちゃりをイメージしてたがやたら体がすっきりしてて野口じゃないみたいだったのでイメージ通りの肉々しい体型だったらもっと圧巻だったかも。女が持ついろんな面を体内ののあらゆる汁とともに放出するさまは野生的かつ魅力的でさえあった。植本・宮川も野口に負けず劣らずの熱演、なだぎだけがちょっと覚めた演技でいずれにしても野口を際立たせるのに成功していたと思う。

  • 満足度★★★★

    さらにパワーアップした野口さん
    以前、熱帯ラボにて野口さんの伝兵衛を観て、こりゃタダモンではないと思ったが、やはりこの人は凄すぎる。
    共演のなだぎ武にも期待していたが、正確に役を演じてはいたが、なだぎ本来の持ち味を活かした演技とは言えなかったのではと思った。なだぎ武ならではの熊田が観たかった。はたまた野口の毒には太刀打ちできなかったのか。残念でした。

  • 満足度★★★★

    怪優っぷり
    木村伝兵衛役:野口かおるさんの怪優っぷりが素晴らしかった。
    桂万平役:植本潤さんもよかった。

    ネタバレBOX

    テンポが、バチッと決まっている部分と、そうでない部分があったような気がする。

    でも、その辺も、難しくて、
    一見一番間延びしていたように見えた、アドリブっぽい演技が入った部分にこそ、私は面白さを感じて、テンポが良すぎる部分に逆に惹きこまれなかったり、、、
    (まったく逆の評価をしている人もいるので、この辺は好みによって別れるんでしょうね、、、)

    いずれにせよ、野口かおるさんの怪優っぷりを堪能しました。
  • 満足度★★★

    超満員
    開演時間にいったらほぼ70人目という超満員。こんなのは久々かもしれない。

    芝居としてはよくできている。熱っぽく演じられるし、話の主題(主題自体を私が正しくとらえているかどうかは不明・・・)が明確に伝わってくるし。

    ただ、出来すぎているが故になんか物足りなさを感じたのも事実。
    物足りなさというか、主題が2世代前のもののように思えただけかもしれない。


    2年前を観ていて、その時ものすごい衝撃を受けたので、期待値が高かっただけなのかもしれない。

    ネタバレBOX

    野口さんの変幻自在な演じ分けには驚愕。

    アリランの花の話の前にあるコントみたいなシーンが、わざとなのかわからないがアドリブっぽく見えるし、役者さんもうすら笑いしているし、間延びしている感じがして、緊張感がここで少し切れてしまった。

    そのあと、久々に牛牛にかつほぼ地べたに座っていて、身動きとれずお尻と腰に来てしまった。

    ただ、話としては、組み立てがばっちりだしよくわかる。

  • 満足度★★★★★

    最低な女
    面白い。95分。

    ネタバレBOX

    木村伝兵衛(野口かおる)…昔、熊田と恋し身篭るが流産してしまう。警視総監から言い寄られる。ストーカーな猿渡(芳賀晶)に刺される。趣味売春。
    熊田留吉(なだぎ武)…府中から赴任。リータイゼンを尊敬している。木村のことが好きだが、勘弁してくださいと去る。子がいたことを知らなかった。
    桂万平(植木潤)…木村の部下。ホモ。木村に愛想を尽かして地元に帰る決意。木村からアリランの花とエアチケット(BF春樹と二人分)を贈られる。
    大山金太郎(宮下雄也)…熱海殺人事件の容疑者。五島出身で大関の地位を守る。アイコが五島の誇りを忘れてしまったことから殺害する。

    野口かおるの目つきが最高にいい。あと口元も。

    木村が自身を傷つけながら、寂しさを耐えながら、3人の男の心を解放する。そして、木村は生まれなかった娘の幻想を胸に倒れる…。独り戦い続ける木村の姿が圧倒的である。かっこよくて美しい。

    構成、かわりにくそうなところを排除したのか、スピーディだった。ねちっこさが低いというか。90分程度の公演時間も嬉しい。
  • 満足度★★★

    衝撃的
    予想以上に衝撃的なお話でした。
    つか作品は飛龍伝に続く2作目でしたが…なんというか…あんまり好みじゃないかもです。作品として。
    それでも舞台はすごかった。激しかったし、ストーリーが苦しくつらかった。
    あの狭いところでの密集感も手伝って、役者陣の熱演に引き込まれる濃密な時間でした。
    野口かおるさんは、やっぱりすごい。可愛くもあり、怖くもあり。
    雄也さんの熱さ、激しさもとても似合っていました。
    色々「その後」が気になる作品でした。

このページのQRコードです。

拡大