演劇

瀧廉太郎没後110年記念公演

演劇

瀧廉太郎没後110年記念公演

絶筆~LAST MUSIC

劇研マップレス

スタジオ・デネガ(青森県)

2013/10/13 (日) ~ 2013/10/14 (月) 公演終了

上演時間:

 明治36年(1903)、一人の音楽家が23歳という若さでこの世を去りました。その音楽家とは、歌曲『花』や『荒城の月』の作曲で知られる瀧廉太郎。今年、平成25年(2013)は瀧の没後110年にあたります。そこで我々劇研マップレスは瀧の功績を讃えるとともに、新たな解釈の下、新作演劇『絶筆~LAS...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2013/10/13 (日) ~ 2013/10/14 (月)
劇場 スタジオ・デネガ
出演 藤田由里子、飯山大貴、前野億斗、鎌田龍
脚本 鎌田龍
演出 鎌田龍
料金(1枚あたり) 500円 ~ 1,200円
【発売日】2013/07/10
前売り1,000円(学生500円)
※当日各200円増
サイト

http://sky.geocities.jp/gekikenmaples/

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル 10月13日(日)13:00/19:00
10月14日(月・祝)13:00/17:00
※計4ステージ、30分前開場
説明  明治36年(1903)、一人の音楽家が23歳という若さでこの世を去りました。その音楽家とは、歌曲『花』や『荒城の月』の作曲で知られる瀧廉太郎。今年、平成25年(2013)は瀧の没後110年にあたります。そこで我々劇研マップレスは瀧の功績を讃えるとともに、新たな解釈の下、新作演劇『絶筆~LAST MUSIC』の上演を行います。
 作品の舞台となるのは瀧が晩年を過ごした大分県竹田の実家。そこで瀧は絶筆となるピアノ曲『憾』を完成させます。時は明治36年2月14日。どんな思いで、どんな状況で『憾』を書き上げたのか。そして、瀧を薄幸な偉人としてではなく、弱さや情を併せ持つ一人の人間として捉えて描きます。
その他注意事項 会場の駐車スペースには限りがございます。
車でお越しの方は、最寄りの駐車場をご利用ください。

・弘前土手町立体駐車場(青森県弘前市土手町63-1)
・したどてスカイパーク駐車場(青森県弘前市土手町38)
・上土手町駐車場(青森県弘前市土手町141-1)
スタッフ 【制作】 高岡秀伍、佐々木優成、鎌田龍
【広報】 佐野恭子
【舞台監督】 加川絵理
【演出助手】 高岡秀伍
【照明】 加川絵理
【音響】 高岡秀伍
【美術】 佐野恭子
【大道具】 新宅正和、小笠原健人

<後援>NHK青森放送局、RAB青森放送、ATV青森テレビ、ABA青森朝日放送、東奥日報社、陸奥新報社、FMアップルウェーブ

[情報提供] 2013/07/01 10:54 by RYO

[最終更新] 2013/10/06 12:33 by シューゴ

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

この公演に携わっているメンバー2

RYO

RYO(0)

脚本・演出・そして瀧廉太郎役をやらせて頂きます! た...

シューゴ

シューゴ(0)

制作の高岡です。よろしくお願いします!

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大