演劇

NAYUTA OSANAI TALKING BLUES VOL.3

劇団恋におちたシェイクスピア番外公演

演劇

NAYUTA OSANAI TALKING BLUES VOL.3

ハプンスタンス

劇団恋におちたシェイクスピア番外公演

劇団恋におちたシェイクスピア

エビス駅前バー(東京都)

他劇場あり:

2013/07/29 (月) ~ 2013/07/29 (月) 公演終了

上演時間:

製作メモより

happenstance=“思いがけない出来ごと”

その言葉に幸福なニュアンスを感じるのは僕だけだろうか。

この作品は2011年の「ウェディング」に登場した純と麻佑の8年後を描いている。

2人は歳を取った。20代から30代になり、それぞれの環境や価値観が変...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

動画1

すべて見る

2013年8月に銭湯カフェで上演された2人芝居「ハプンスタンス」の全編です。

公演詳細

期間 2013/07/29 (月) ~ 2013/07/29 (月)
劇場 エビス駅前バー
出演 長内那由多、大山チカ(劇団アニマル王子)
脚本 長内那由多
演出 長内那由多
料金(1枚あたり) 1,500円 ~ 1,500円
【発売日】2013/07/01
新作ふたり芝居「ハプンスタンス」のみの上演。30分程度の演目です。
サイト

http://blog.goo.ne.jp/nayuta-gp01fb

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル 19:30開場
20:00開演
所~エビス駅前バー
渋谷区恵比寿南1-8-9第一黄色いビル3F
恵比寿駅より徒歩2分
チケット~¥1500
説明 製作メモより

happenstance=“思いがけない出来ごと”

その言葉に幸福なニュアンスを感じるのは僕だけだろうか。

この作品は2011年の「ウェディング」に登場した純と麻佑の8年後を描いている。

2人は歳を取った。20代から30代になり、それぞれの環境や価値観が変化した。

続編ではあるが、前作を知る必要はない。

2人の名前は一切呼ばれず、彼らはただ男、女として存在する。
それはこの2人の間に流れるささやかな感情が、観客のいつか見た光景とつながってほしいからである。

人間関係が時間の流れと共にどのように変化するのか。

時に晒される事によって人は成長と共に何かを失うのではないか。

その“何か”がわからずに、再会した男女はお互いの心を確かめ合う。

思いがけず出会った彼らの何気ない会話から人生の“ある季節”の終わりを描くラブストーリーである。


3年ぶり3度目のワンマンライブ“TALKING BLUES”はゲストに劇団アニマル王子の大山チカを迎えてお送りします。
その他注意事項
スタッフ

[情報提供] 2013/06/10 23:50 by nayuta

[最終更新] 2013/07/31 19:07 by nayuta

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

この公演に携わっているメンバー4

冷水 優果

冷水 優果(0)

冒頭のインタビュアー役にて出演させて頂きました。

F.P.デザイン

F.P.デザイン(8)

フライヤーを担当させて頂きました!

トミー

トミー(0)

このたび、お声がけ頂き、ナユッティの作品に初めて参加致...

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大