演劇

ユニット電気ウサギ #3.5

世界の果てに捨てたいもの

電気ウサギ

ターミナルプラザことにパトス イベントホール(北海道)

2007/10/26 (金) ~ 2007/10/28 (日) 公演終了

上演時間:

この世界は 一脚の椅子とヒトツのテーブルの形をしていて。
だから この世界の名前は『シェーズ・エ・ターブル』といって。
(フランス語で 椅子とテーブル。そのまんま。)
誰かが最初にそう呼んだのかは解らないけど。
椅子とテーブルは海の上に立っていて、あわせて8本の足を洗いつづける海水は世...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2007/10/26 (金) ~ 2007/10/28 (日)
劇場 ターミナルプラザことにパトス イベントホール
出演 山下カーリー、寺元綾乃(CAPSULE)、加藤健、畠中朝香、岡崎円
脚本 大橋榛名
演出 手代木敬史(満天飯店・gah)
料金(1枚あたり)
【発売日】
前売り:2000円/当日:2500円
サイト

http://denkiusagi.com/

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル
説明 この世界は 一脚の椅子とヒトツのテーブルの形をしていて。
だから この世界の名前は『シェーズ・エ・ターブル』といって。
(フランス語で 椅子とテーブル。そのまんま。)
誰かが最初にそう呼んだのかは解らないけど。
椅子とテーブルは海の上に立っていて、あわせて8本の足を洗いつづける海水は世界の人々が流した涙が主成分だそうで。(小便だったら嫌だし)
涙の海には果てがあって、その縁から海水は空へとおちてゆくそうだ。
(これは誰も見たことがない。学者たちはこぞって色々な説を立てるし、冒険者たちは海へ空へと漕ぎ出してゆくけれど、まだ誰も海の縁にたどり着いた者はない。着いたとしても空へ落っこちるし。)
総人口なんて誰も数えたことない。
地図すら毎日変わる。
夢か現実かもわからない。
そんな世界であたしたちは生きていて。

恋して。 別れて。 出会って。
 旅して。旅をして。

  世界の果てへと捨てに行く。
その他注意事項 会場では、物品販売を多種多様に用意しております。(台本・缶バッチ・エコバック・etc)
お財布とお時間に余裕をもってご来場いただけますと、いっそうお楽しみいただけます。
スタッフ 照明:大橋 榛名
音響:橋本 一生(ISSUE/yhs)
舞台美術:高村 由紀子(FUKUDA舞台)
衣装:アキヨ(Jellyfish)
イラスト くら
前説:矢野 あい&橋本 幸
音楽:榮田 佳子
スーパーバイザー:大門 奈央子 能代 祐子 鈴木 あゆみ

[情報提供] 2007/10/15 23:40 by 電気ウサギ

[最終更新] 2007/10/16 00:16 by 電気ウサギ

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

この公演に携わっているメンバー0

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大