演劇

レパートリーシアターKAZE第11回凱旋公演

~ひびき合うものたち

ヘレン・ケラー

0 お気に入りチラシにする

演劇

レパートリーシアターKAZE第11回凱旋公演

ヘレン・ケラー

~ひびき合うものたち

東京演劇集団風

レパートリーシアターKAZE(東京都)

2013/07/22 (月) ~ 2013/07/24 (水) 公演終了

上演時間:

求め合う者たちの心と心の出会い
生まれて間もなく光と音の一切を失い、自分の考えを伝え、表現できないもどかしさを抱えるヘレン・ケラー。一方、最愛の弟を亡くした絶望の淵に立ちながら、恩師アナグノスの下を離れ、家庭教師としてヘレンのもとへやって来た20歳のアニー・サリバン。
ふたりは「相手を理解...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2013/07/22 (月) ~ 2013/07/24 (水)
劇場 レパートリーシアターKAZE
出演 白根有子、稲葉礼恵、渋谷愛、酒井宗親、保角淳子、木村奈津子、中村滋、緒方一則、佐藤勇太、清水菜穂子、倉八ほなみ
脚本 松兼功
演出 浅野佳成
料金(1枚あたり) 3,300円 ~ 4,000円
【発売日】2013/06/01
当日4000円/前売3800演/学生3300円
サイト

http://www.kaze-nt.org

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル 7月22日(月)19:00
7月23日(火)19:00
7月24日(水)19:00
説明 求め合う者たちの心と心の出会い
生まれて間もなく光と音の一切を失い、自分の考えを伝え、表現できないもどかしさを抱えるヘレン・ケラー。一方、最愛の弟を亡くした絶望の淵に立ちながら、恩師アナグノスの下を離れ、家庭教師としてヘレンのもとへやって来た20歳のアニー・サリバン。
ふたりは「相手を理解したい」「自分を理解して欲しい」と、身体ごとの〈対話〉を重ねる。
そしてふたりの〈対話〉はやがて家族と周囲の世界を巻き込んでいく―。
障がいの克服という視点で語られがちなヘレンとアニーの物語を、人間の幸福感とは何かを問いかけながら、異なった者同士として、人と人とが受け容れ合い、交流していく可能性の物語として描いた風の代表作。
その他注意事項
スタッフ 音楽:小室等
舞台美術:上田淳子
照明:塚本悟
音響:渡辺雄亮
照明オペレータ:坂野貢也
舞台監督:辻幸男
演出助手:江原早哉香
制作:佐藤春江

[情報提供] 2013/06/25 09:58 by なっち

[最終更新] 2013/07/26 12:51 by なっち

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

チケット取扱い

この公演に携わっているメンバー1

なっち

なっち(0)

役者・俳優 制作

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大