滋賀県立芸術劇場びわ湖ホール

新国立劇場 オペラ劇場(東京都)

2013/07/12 (金) ~ 2013/07/14 (日) 公演終了

休演日:7/13

上演時間:

全国各地の優れた作品を新国立劇場との共催で上演する「地域招聘公演」。平成17年度から“現代舞台芸術に関する地域交流"事業として行っています。平成25年度公演は、滋賀県立芸術劇場びわ湖ホールの『三文オペラ』を招聘します。
新国立劇場は1997年にオペラ、バレエ、ダンス、演劇という現代舞台芸術の...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2013/07/12 (金) ~ 2013/07/14 (日)
劇場 新国立劇場 オペラ劇場
出演 迎肇聡、松森治、田中千佳子、栗原未和、竹内直紀、本田華奈子、中嶋康子、西田昭広、砂場拓也、古谷彰久、青柳貴夫、島影聖人、二塚直紀、林隆史、山本康寛、岩川亮子、小林あすき、林育子、松下美奈子、森季子
作曲 クルト・ワイル
演出 栗山昌良
料金(1枚あたり) 1,500円 ~ 9,450円
【発売日】
S席 9,450
A席 7,350
B席 5,250
C席 3,150
Z席 1,500
サイト

http://www.nntt.jac.go.jp/opera/30000068_opera.html

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル 12日(金)18:30開演(17:45開場)
14日(日)14:00開演(13:15開場)
http://www.biwako-hall.or.jp/sanmonopera/
説明 全国各地の優れた作品を新国立劇場との共催で上演する「地域招聘公演」。平成17年度から“現代舞台芸術に関する地域交流"事業として行っています。平成25年度公演は、滋賀県立芸術劇場びわ湖ホールの『三文オペラ』を招聘します。
新国立劇場は1997年にオペラ、バレエ、ダンス、演劇という現代舞台芸術のための我が国唯一の国立劇場として開場し、本年開場15周年を迎えます。びわ湖ホールは98年に開館、来年2013年が開館15周年となります。開館以来、国内外の優れた舞台芸術を提供するとともに、劇場独自の創造活動の核となる劇場専属声楽家集団びわ湖ホール声楽アンサンブルを設立して、オペラをはじめとする舞台芸術作品を自主制作しています。
ドイツを代表する、演劇界の革命児ブレヒトの戯曲に作曲家クルト・ワイルが音楽を付した『三文オペラ』は、20世紀音楽劇の最高傑作といわれています。冒頭の〈メッキー・メッサーのモリタート〉は、今ではジャズのスタンダード・ナンバー「マック・ザ・ナイフ」として親しまれています。今回演出を手掛けた栗山昌良はこの作品に取り組むに当たり“声楽による音楽でしかできない人間喜劇。未来に向けた試金石となる事を目指します"と語っています。
なお、本プロダクションは、12年10月にびわ湖ホール中ホールで上演され大好評を博したもので、13年7月12日(金)、14日(日)に新国立劇場中劇場において招聘公演を行うものです。
その他注意事項
スタッフ 【戯曲】ベルトルト・ブレヒト
【指揮】園田隆一郎
【ピアノ】寺嶋陸也
【管弦楽】ザ・カレッジ・オペラハウス管弦楽団

【演出】栗山昌良
【衣裳】緒方規矩子
【振付】小井戸秀宅
【照明】原中治美
【装置】増田寿子
【音響】小野隆浩(公益財団法人びわ湖ホール)
【舞台監督】菅原多敢弘

出演:びわ湖ホール声楽アンサンブル 

[情報提供] 2013/06/25 04:01 by CoRich案内人

[最終更新] 2013/06/25 09:04 by こりっち管理人

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

この公演に携わっているメンバー0

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大