地人会新社

世田谷パブリックシアター(東京都)

2013/08/12 (月) ~ 2013/08/13 (火) 公演終了

上演時間:

 唯一の原子爆弾での被爆国である日本。日本人としての経験を記録でなく記憶に留めたいと、構成・演出の木村光一が遺稿や手記、詩歌など膨大な資料の中から、テーマを「母と子」に絞り朗読劇としてまとめたのが本作品です。

1985年の初演以来、全国47都道府県、395市町村で778回の公演を行ってき...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2013/08/12 (月) ~ 2013/08/13 (火)
劇場 世田谷パブリックシアター
出演 かとうかず子、島田歌穂(13日のみ)、高橋紀恵(12日のみ)、床嶋佳子、西山水木、根岸季衣、原日出子
脚本
演出 木村光一
料金(1枚あたり) 1,000円 ~ 3,000円
【発売日】2013/07/03
全席指定
一般3,000円

高校生以下1,500円(世田谷パブリックシアターチケットセンターのみ取扱い、年齢確認できるものを要提示)

U24 1,500円(世田谷パブリックシアターチケットセンターにて要事前登録、登録時年齢確認できるもの要提示、オンラインのみ取扱い、枚数限定)

ファミリー割引 1,000円(世田谷パブリックシアターチケットセンターのみ取扱い、保護者同伴の中学生以下、年齢確認できるもの要提示)

友の会会員割引 2,900円

せたがやアーツカード会員割引 2,900円
サイト

http://setagaya-pt.jp/theater_info/2013/08/_1945_2.html

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル
説明  唯一の原子爆弾での被爆国である日本。日本人としての経験を記録でなく記憶に留めたいと、構成・演出の木村光一が遺稿や手記、詩歌など膨大な資料の中から、テーマを「母と子」に絞り朗読劇としてまとめたのが本作品です。

1985年の初演以来、全国47都道府県、395市町村で778回の公演を行ってきました。
戦争体験のない7名の女優が、細かい演出・指導のもと、戦争の疑似体験をし、大切なものは何なのかを身体で受け止め表現することにより、新しい作品として蘇りました。
「生きよう、生き抜こう!」と最期まで明日を夢みていた死んだ子どもたちの、明るく前向きな言葉。暑い夏の一日、その言葉に耳を傾けてみてください。
その他注意事項
スタッフ [構成・演出] 木村光一

[情報提供] 2013/06/25 00:05 by CoRich案内人

[最終更新] 2013/11/06 22:11 by CoRich案内人

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

この公演に携わっているメンバー0

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大