MARS RED制作実行委員会

舞浜アンフィシアター(千葉県)

2013/06/22 (土) ~ 2013/06/23 (日) 公演終了

上演時間:

人が人でいるためには、驚く程多くのものが必要だ・・・・


時は大正ロマン。近代化する日本、大正デモクラシー。ヴァンパイア・ウイルスに感染した4人の男。政府は4人に目をつけ、陸軍金剛鉄兵計画に取り込もうとするが・・・。
長所以上に欠点の多いヴァンパイア達。そんな欠点を日本のテクノロジ...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2013/06/22 (土) ~ 2013/06/23 (日)
劇場 舞浜アンフィシアター
出演 徳山秀典、小杉十郎太、石田彰、鈴村健一、諏訪部順一、高橋広樹、沢城みゆき、美波、ほか
脚本 藤沢文翁
演出 藤沢文翁
料金(1枚あたり) 8,800円 ~ 8,800円
【発売日】2013/04/28
前売8,800円(全席指定・税込)
サイト

http://marsred.soundtheatre.jp/

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル 2013年6月22日(土)18:30 〔開場 17:30〕21:30 終演予定

2013年6月23日(日)13:00 〔開場 12:00〕16:00 終演予定

2013年6月23日(日)17:30 〔開場 16:30〕※

※千秋楽公演はバンドメンバーによるSOUND THEATRE恒例のスペシャル演奏を実施致しますので終了は20:50頃を予定しております。
説明 人が人でいるためには、驚く程多くのものが必要だ・・・・


時は大正ロマン。近代化する日本、大正デモクラシー。ヴァンパイア・ウイルスに感染した4人の男。政府は4人に目をつけ、陸軍金剛鉄兵計画に取り込もうとするが・・・。
長所以上に欠点の多いヴァンパイア達。そんな欠点を日本のテクノロジーと勤勉さで補いながら帝都の夜を飛翔する。


本作品について

SOUND THEATRE in 舞浜アンフィシアター
ご存知の方も多いと思いますが・・・、舞浜アンフィシアターは、シルク・ドゥ・ソレイユ『ZED』を上演するために建設された劇場です。 本来はアクロバティックなサーカスと音楽をコラボレーションさせるために造られた風変わりな劇場です。香りや風、煙に殺陣、炎など・・・、毎回様々なエッセンスを盛り込み、手に汗握る朗読劇を目指してきたサウンドシアターが、今回は舞浜アンフィシアターを占拠します。劇場に備え付けられた様々な装置、機材を駆使し、さらに進化したサウンドシアターにご期待ください。大正時代の帝都を、軍服姿のヴァンパイア達が飛翔します!! くれぐれも血を吸われないよう・・・、ご注意ください・・・・。
その他注意事項
スタッフ [出演・演奏]土屋雄作 / 真鍋貴之 / リウ / YUJI / 山下靖喬 / Makimiki

音楽監督:土屋雄作
舞台監督:黒田大輔 (クリエイト大阪)
照明:久保良明 (エヂソン ライトハウス)
音響:佐藤日出夫 (エス・シー・アライアンス)
新堀大輔 (エピキュラス)
美術:熊野顕示・伊久美和孝 (日本ステージ)
特効:兒嶋洋一郎 (ナゲッツ)
特殊美術:田中義彦(アトリエカオス)
楽器:赤木茂和(サンフォニックス)
ヘアメイク:MAMI
衣裳:小野涼子
イラスト:猫将軍 (digmeout)
ウェブサイト制作:飯川亮・橋本幸哉・山田佐知子 (ブルージラフ)
写真:中村ユタカ
制作協力:藤野和美 (オフィス・REN)
協力:アサツー ディ・ケイ
ディスクガレージ
802メディアワークス
digmeout
iNK ENTERTAINMENT
アシスタントプロデューサー・デザイン:藤野哲士 (アハバ音楽工房)
エグゼクティブプロデューサー:青木照和 (アハバ音楽工房)
制作:アハバ音楽工房
主催:MARS RED制作実行委員会

[情報提供] 2013/06/22 18:30 by CoRich案内人

[最終更新] 2013/06/23 02:09 by こりっち管理人

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

この公演に携わっているメンバー0

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大