演劇

戯曲リーディング◆時代を築いた作家たち①

アルベール・カミュ 『誤解』『正義の人びと』

世田谷パブリックシアター

シアタートラム(東京都)

2013/07/20 (土) ~ 2013/07/21 (日) 公演終了

上演時間:

いつの時代も演劇があり、作家や演出家、俳優、そして裏方のスタッフたちが、演劇の上演のために情熱とエネルギーを注いできた。そして、それらの片鱗はわずかながら、戯曲、という形で残されている。このリーディングでは、書架の扉を開くように、時代をてんてんとたどりながら、劇作家とその作品をとりあげ、読んで...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2013/07/20 (土) ~ 2013/07/21 (日)
劇場 シアタートラム
出演 中屋敷法仁、久世星佳、黒木華、菅原永二、中村靖日、中山祐一朗、町田マリ―、山中崇
脚本 アルベール・カミュ
演出 中屋敷法仁
料金(1枚あたり) 1,000円 ~ 2,000円
【発売日】2013/06/30
全席指定
一般2,000円(2作品)

高校生以下 1,000円(世田谷パブリックシアターチケットセンター店頭&電話予約のみ取扱い、年齢確認できるものを要提示)

U24 1,000円(世田谷パブリックシアターチケットセンターにて要事前登録、登録時年齢確認できるもの要提示、オンラインのみ取扱い、枚数限定)


友の会会員割引 1,500円

せたがやアーツカード会員割引 1,800円
サイト

http://setagaya-pt.jp/theater_info/2013/07/post_336.html

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル
説明 いつの時代も演劇があり、作家や演出家、俳優、そして裏方のスタッフたちが、演劇の上演のために情熱とエネルギーを注いできた。そして、それらの片鱗はわずかながら、戯曲、という形で残されている。このリーディングでは、書架の扉を開くように、時代をてんてんとたどりながら、劇作家とその作品をとりあげ、読んでいきます。
かつて時代を築いた劇作家と、今、まっすぐと向かい合い、その声に耳をすますとき。なにが聞こえてくるでしょう。

新しいリーディングのシリーズ、第1回目は、小説「異邦人」「ペスト」で知られ、劇作家・演出家・俳優として活動した演劇人、アルベール・カミュ Albert Camus (1913~1960)をとりあげます。

『誤解』 [作]アルベール・カミュ [訳]鬼頭哲人
ドイツ占領下のフランスで執筆された作品。寒村で宿屋を営む母娘のもとへ、長年不在だった息子が突然訪れたことからうまれた悲劇。小説「異邦人」の主人公が独房で見つけた新聞の記事が、この物語のモチーフになっている。1944年初演。

『正義の人びと』 [作]アルベール・カミュ [訳]白井健三郎 
ロシアでおきた大公暗殺事件にまつわる実話を劇化した作品。大公の馬車を爆破するため待ち伏せていた青年は、子どもが同乗しているのを見て…。正義の革命を生きようとする若きテロリストたちの生きざまが力強く描かれている。1949年初演。

◆アルベール・カミュ Albert Camus
1913年、フランス領アルジェリア生まれ。小説家として広く知られるカミュは、劇作家・演出家・俳優として活動した演劇人でもあった。大学卒業後ジャーナリストとして活動し、第二次世界大戦、アルジェリア独立戦争という激動の時代に、小説、戯曲、エッセイ、評論などを執筆した。代表作に小説「異邦人」「ペスト」、評論「シーシュポスの神話」、戯曲には『カリギュラ』『誤解』『正義の人びと』などのほか、小説の翻案も手がけた。1957年、ノーベル文学賞受賞。1960年、交通事故により46才で突然世を去った。残された未完の小説「最初の人間」は映画化されてこの春日本でも上映された。今年は生誕100年にあたる。
その他注意事項
スタッフ 『誤解』 [作] アルベール・カミュ [訳] 鬼頭哲人
『正義の人びと』 [作] アルベール・カミュ [訳] 白井健三郎

[情報提供] 2013/06/13 03:19 by CoRich案内人

[最終更新] 2013/07/21 00:58 by CoRich案内人

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

この公演に携わっているメンバー0

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大