演劇

ベビー・ピー#13

青い紙魚(あおいしみ)

デザイン:ピンク地底人2号

0 お気に入りチラシにする

演劇

ベビー・ピー#13

青い紙魚(あおいしみ)

ベビー・ピー

京大西部講堂前広場 特設テント(京都府)

2013/08/10 (土) ~ 2013/08/15 (木) 公演終了

休演日:8月13日(火)

上演時間:

ある日、その紙魚は、
飼い主の手をがぶりと噛んで、
町に逃げて行った。

虫が、キュルキュルと、世界を喰べる。
虫に喰べられ、少しずつ、
世界は姿を消す。

現代アジア史を辿る、虫喰いの、
芸能と鎮魂の物語。


☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2013/08/10 (土) ~ 2013/08/15 (木)
劇場 京大西部講堂前広場 特設テント
出演 門脇俊輔、首藤慎二、松田早穂、柳原良平、根本コースケ
脚本 ベビー・ピー
演出 根本コースケ
料金(1枚あたり) 1,500円 ~ 2,300円
【発売日】2013/06/12
【一般】
前売:2000円
当日:2300円
【学生】
前売・当日とも:1500円
サイト

http://baby-pee.jimdo.com/

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル 8月10日(土)19:00
8月11日(日)19:00
8月12日(月)19:00
8月13日(火)※休演日
8月14日(水)19:00
8月15日(木)19:00
全日19:00開演
開場・受付開始は開演の30分前。
説明 ある日、その紙魚は、
飼い主の手をがぶりと噛んで、
町に逃げて行った。

虫が、キュルキュルと、世界を喰べる。
虫に喰べられ、少しずつ、
世界は姿を消す。

現代アジア史を辿る、虫喰いの、
芸能と鎮魂の物語。


☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

今年も、夏祭りテント芝居をやります。
演劇は、その場に居合わせた者たちだけのものでしょうか。演劇の場で生まれた熱は、振動は、その場にいた者たちに宿り、それは、別の場所、別の体験へと、伝播していく。その連鎖は、どこか遠い世界にまで作用するのかもしれない。遠い未来へも、死者たちのいる過去へも。“夏” “祭り” “テント” “芝居”。一つ一つの言葉には、そういう祈りがあったりします。ベビー・ピーは演劇のそういう力を信じて活動を続けてます。夏の空気を一杯に吸いこんだ、ワッショイ楽しい祝祭をつくれたらとおもってます。
8月、夏の夜の夕涼み、虫喰いの世界を覗きにいらっしゃい!
                                       根本コースケ(劇団主宰)
☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

その他注意事項 チケットは、全席自由・日時指定券。

会場は天気により多少暑い場合があります。飲食持ち込み自由です。タオルなどご持参いただいたりして、夏祭りに参加するような気持ちで、汗をかいてもいい格好でご来場ください!
スタッフ 舞台監督:小西啓介(猛き流星)
美術:小西由悟
造形:吉村聡浩
舞台:猿渡 神谷俊貴(すごい劇団)
照明:山本恭平
音楽:だるそん
小道具:徳山まり奈 上田悠暉(劇団幻日) 越智恵(劇的集団忘却曲線)
衣装:松田早穂 
縫い物:山本理恵
山ぐるみ製作:山さきあさ彦
宣伝美術:ピンク地底人2号
撮影:末山孝如(KAIKA劇団 会華*開可)
制作:ベビー・ピー 中西良友 菊地諒
協力:ニットキャップシアター ぬるり組合 猛き流星 すごい劇団 劇団幻日 
    劇的集団忘却曲線 出町柳文化センター 劇団どくんご 西部講堂連絡協議会

[情報提供] 2013/06/10 16:10 by 首藤慎二

[最終更新] 2013/08/16 11:22 by 首藤慎二

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

チケット取扱い

この公演に携わっているメンバー5

きくち

きくち(0)

ご来場お待ちしています。

Shun.

Shun.(10)

役者・俳優 演奏(カホン) 制作 宣伝美術 Webサイト

ひっきゃとめ出演しますばいんばい。ちかーとばっかいお立...

ネモQ

ネモQ(0)

久し振りの新作長編です。夏のテントに、遥かなる、架空歴...

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大