演劇

玉造小劇店

TATAMU〜畳

キジムナーフェスタ

沖縄市立中央公民館(沖縄県)

2013/07/20 (土) ~ 2013/07/22 (月) 公演終了

上演時間:

この作品について

もし、地震や津波、さらにはありとあらゆる爆発が絶え間なく繰り返されて、この国が滅んでしまったら?数百年後の日本はどうなっているのでしょう。そして、日本人の子孫たちはどんな生活を送っているのでしょうか。そんなことを仮定して作られた寓話劇「タタム」。

人々はそれらの災...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2013/07/20 (土) ~ 2013/07/22 (月)
劇場 沖縄市立中央公民館
出演
脚本
演出
料金(1枚あたり) 1,000円 ~ 1,800円
【発売日】
前売券 大人(18歳以上)1,500円 子ども(0~18歳未満)1,000円
当日券 大人(18歳以上)1,800円 子ども(0~18歳未満)1,300円
キジムナーくらぶ6 ※ 5,000円
サポーターズチケット ※ 1,200円
*当日券は開演15分前に各会場にて発売します。満席の場合、発売はありません。
サイト

http://www.kijimuna.org/performance_detail/detail_ja27.html

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル 7/20(土)13:00
7/21(日)15:00
7/22(月)13:00
説明 この作品について

もし、地震や津波、さらにはありとあらゆる爆発が絶え間なく繰り返されて、この国が滅んでしまったら?数百年後の日本はどうなっているのでしょう。そして、日本人の子孫たちはどんな生活を送っているのでしょうか。そんなことを仮定して作られた寓話劇「タタム」。

人々はそれらの災難から逃れようと、逃げる旅をしながら生きています。家・教育・電気やガス、礼儀、言葉までも失っていく世の中では、すべてのものはそこにはあり続けることできません。だからできる限りのものをタンスに詰め込み、それを持って放浪していくのです。

二人の兄弟も放浪しながら恋もし、食べて、寝て、また逃げる。そこにはいったいなにがあるというのでしょうか…。


カンパニーについて

関西を拠点に活躍する劇作家・演出家のわかぎゑふが率いるカンパニー。『TATAMU〜畳』には劇団員のうえだひろしに加え、劇団「空晴」の上瀧昇一郎、日本舞踊家の堀口初音、京都で活躍する詩人のchoriが参加している。
その他注意事項
スタッフ

[情報提供] 2013/06/03 06:34 by CoRich案内人

[最終更新] 2013/06/03 06:34 by CoRich案内人

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

この公演に携わっているメンバー0

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大