演劇

Y2Dプロダクションズ&カメレオンシアター

小さなトランク

キジムナーフェスタ

沖縄市民会館(沖縄県)

2013/07/25 (木) ~ 2013/07/28 (日) 公演終了

上演時間:

この作品について

どこにでもいるような男「レオ」のへんてこな旅

 小さなトランクを持った孤独な男「レオ」。彼はどこにでもあるような部屋の中で、いわ ゆるどこにでもいるような男として生きています。
 彼はいつものように時間を紛らわせながら過ごしていると、ふと、あることに気付きました...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2013/07/25 (木) ~ 2013/07/28 (日)
劇場 沖縄市民会館
出演
脚本
演出
料金(1枚あたり) 1,000円 ~ 1,800円
【発売日】
前売券 大人(18歳以上)1,500円 子ども(0~18歳未満)1,000円
当日券 大人(18歳以上)1,800円 子ども(0~18歳未満)1,300円
キジムナーくらぶ6 ※ 5,000円
サポーターズチケット ※ 1,200円
*当日券は開演15分前に各会場にて発売します。満席の場合、発売はありません。
サイト

http://www.kijimuna.org/performance_detail/detail_ja7.html

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル 7/25(木)15:00・19:00
7/26(金)19:00
7/27(土)15:00・19:00
7/28(日)13:00
説明 この作品について

どこにでもいるような男「レオ」のへんてこな旅

 小さなトランクを持った孤独な男「レオ」。彼はどこにでもあるような部屋の中で、いわ ゆるどこにでもいるような男として生きています。
 彼はいつものように時間を紛らわせながら過ごしていると、ふと、あることに気付きました。それは、この世界にあるものはすべて、実は思っているようなものではないかもしれない!ということでした。それはすなわち、自分の孤独感が増すことでもありました。
 すると、レオの小さなトランクが思いがけない方法で彼にくつろぎをを与え始めたのです。レオは過ぎ去ったものに呼びかけ、そして、まったく予想だにしていなかった協力者を得ました。
 これまで時間をつぶして生きてきた彼は、自分という大切なものを求める旅に出ることにしたのでした。

2011年:エジンバラフリンジファーストアワード
2011年:スリーウィークスエディターズアワード
2011年:キャロル・タンバー・ベストオブエジンバラアワード
“素晴らしい!” - アソシエイテッドプレス(アメリカ)
“クレバーで楽しく、とにかく面白い!” - ベルリナーモーゲンポスト(ドイツ)
“目に楽しく、いつのまにか笑顔になっている。ずっと不思議な魔法にかけられているよう” - タイムアウト。ニューヨーク(アメリカ)
“レオはヒットだ!” - モントリオールガゼット(カナダ)


カンパニーについて

Y2Dプロダクションは、独創的なエンターテインメント作品の創作とツアーを行うモントリオールを拠点としたプロダクションカンパニーです。グレッグ・パークスが代表をつとめ、さまざまな表現方法をひとつのアートワークにまとめあげるような作品の創作を目的に、さまざまな才能あるアーティストと取り組んでいます。音楽、アクロバット、ダンス、演劇などをユニークなアートエンターテインメントとして融合した作品は、著名な演出家、振付家、照明・セット・衣装デザイナー、作曲家、パフォーマーのクリエイティブな才能によって作り出され、国外の著名なプロダクションカンパニーとの共同制作も多く行っています。

カメレオンシアターは現代的なスタイルで新しいアートエンターテインメントを提供しています。ベルリンの流行の発信地であるミッテ区に劇場(カメレオンシアター)を構えていますが、この建物は1906年に建築家アウグスト・エンデルによって設計された複合施設で、複雑なコートヤードに人目を引くファサード、アールヌーボーの装飾による素晴らしい雰囲気で、ベルリンで最も美しく近代的な劇場施設のひとつであり、ドイツ国内で最も成功している演劇の輸出者でもあります。
その他注意事項
スタッフ

[情報提供] 2013/06/03 05:26 by CoRich案内人

[最終更新] 2013/06/03 05:26 by CoRich案内人

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

この公演に携わっているメンバー0

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大