舞踊・バレエ

アルコズムカンパニー

一夜のゆめ

キジムナーフェスタ

まちなか特設会場コリンザ①(沖縄県)

2013/07/26 (金) ~ 2013/07/28 (日) 公演終了

上演時間:

この作品について

 計算されつくした生活行動。右の手を延ばせばそこにいつものものがあり、左の引き出しをあけるとそこにもまた、いつものものがある。数歩歩いて手に取る、冷蔵庫の中にあるも、何から何まで決まり切ったリズムの一人の青年。案外それってせわしなくて、意外と疲れそうな様子ですが、本人に...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2013/07/26 (金) ~ 2013/07/28 (日)
劇場 まちなか特設会場コリンザ①
出演 アルコズムカンパニー
演出
振付
料金(1枚あたり) 1,000円 ~ 1,800円
【発売日】
前売券 大人(18歳以上)1,500円 子ども(0~18歳未満)1,000円
当日券 大人(18歳以上)1,800円 子ども(0~18歳未満)1,300円
キジムナーくらぶ6 ※ 5,000円
サポーターズチケット ※ 1,200円
*当日券は開演15分前に各会場にて発売します。満席の場合、発売はありません。
サイト

http://www.kijimuna.org/performance_detail/detail_ja3.html

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル 7/26(金)19:00
7/27(土)13:00・17:00
7/28(日)15:00
説明 この作品について

 計算されつくした生活行動。右の手を延ばせばそこにいつものものがあり、左の引き出しをあけるとそこにもまた、いつものものがある。数歩歩いて手に取る、冷蔵庫の中にあるも、何から何まで決まり切ったリズムの一人の青年。案外それってせわしなくて、意外と疲れそうな様子ですが、本人には一番安心できるリズムなのです。そして、時おり物思いにふけり、秘密の世界へと入り込んでいく。

 ところがそんなリズムを狂わせるチャイムの音。えっ、もう大変!どうしたらよいの!?自分だけのリズムで成り立っていた世界に、いつしか人が増えだし違うリズムが生まれ始めます。
子どもから一家揃ってそれぞれが楽しめる、質の高いアート作品です。


カンパニーについて

アルコズムは、2001年に設立され、現在ダンサーで振付家のトマス・ゲリーと、パーカッショニスト、ピアニスト、作曲家であるカミール・ロカイユがディレクターとなっている。カンパニーの主な目的は異なる芸術形態の間に橋を架けることで、音楽、ダンス、歌がそのアプローチの根底となっている。人間の声の基礎(リズム、メロディー、音質、トーン)は、音楽の世界に密接な関わりを持ち、キャラクターに彩と演劇的な要素を与えている。アーティストには個々のスキルを用いるのと同時に、不慣れな分野の表現方法を探求することが求められ、元々の高いテクニックと、新たな表現方法の融合が、カンパニーが目指す繊細で感情的な表現をつくりだしていく。

私たちの創作の要は常に好奇心であり、それが通常は相容れない表現分野を組み合わせる力となっている。既にあるルールを守るのは私たちの目指すものではない。私たちの目的は、既に確立しているヴィジョンに従うことなく、芸術的な視野を広げることにある。
カンパニーの創作する作品は、大胆不敵で激しく、真面目でかつおもしろい。カオスと反逆、高揚感を、研ぎすまされた感覚で表現する。それらは、私たちの人生を映すものである。
私たちは皆、作品の創作過程から密接に関わり合い、初めから音楽と振り付けを別々に考えることなくアイディアを共有する。音楽だけでは成り立たず、また振り付けだけでも空っぽの空間を埋めることはできない。
その他注意事項
スタッフ

[情報提供] 2013/06/03 05:14 by CoRich案内人

[最終更新] 2013/06/03 05:14 by CoRich案内人

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

この公演に携わっているメンバー0

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大