舞踊・バレエ

小林嵯峨ソロ舞踏公演

非=在。閃=光が蝋蜜、白日に記憶、忘却が黄昏、草=原。ドオルガオドウル、御仕舞い、暗黒。

「短夜(みじかよ)」・・非在のものが顕われる/そして再びベルメール・・

デザイン:沼田皓二

0 お気に入りチラシにする

舞踊・バレエ

小林嵯峨ソロ舞踏公演

「短夜(みじかよ)」・・非在のものが顕われる/そして再びベルメール・・

非=在。閃=光が蝋蜜、白日に記憶、忘却が黄昏、草=原。ドオルガオドウル、御仕舞い、暗黒。

小林嵯峨

キッド・アイラック・アート・ホール(東京都)

2013/07/19 (金) ~ 2013/07/21 (日) 公演終了

上演時間:

息吹、芽生える。燃上、散らす。凍付、留まる。解れ、流転する。存在でも不在でもない、非在。是非でも非難でもある、不在。予め隠されていたもの、嘗て霊魂が住んでいた青草の茂る庭が顕わになる。そして再び人形の夜。その夜は暗黒ではなく、黎明と薄暮の狭間にある、状態や現象といった時間と空間性が失われた一つ...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2013/07/19 (金) ~ 2013/07/21 (日)
劇場 キッド・アイラック・アート・ホール
出演 小林嵯峨
演出
振付
料金(1枚あたり) 3,000円 ~ 3,500円
【発売日】2013/06/01
料金:当日 3500円。予約 3000円。トーク 500 円
サイト

https://www.facebook.com/events/536784256380324/

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル 7月19日(金)19:30~ 
7月20日(土)19:30~ 
7月21日(日)14:00~、19:00~(開場は開演30分前)
説明 息吹、芽生える。燃上、散らす。凍付、留まる。解れ、流転する。存在でも不在でもない、非在。是非でも非難でもある、不在。予め隠されていたもの、嘗て霊魂が住んでいた青草の茂る庭が顕わになる。そして再び人形の夜。その夜は暗黒ではなく、黎明と薄暮の狭間にある、状態や現象といった時間と空間性が失われた一つの非在。

ポスター用コピー:非=在。閃=光が蝋蜜、白日に記憶、忘却が黄昏、草=原。ドオルガオドウル、御仕舞い、暗黒。

小林嵯峨:1969年より土方巽に師事。燔犧大踏鑑には1975年まで在籍。第2次暗黒舞踏派の主力メンバーとして伝説的舞台となった、1972年「四季のための二十七晩」、1973年「静かな家」など全ての作品に参加。その後〈彗星倶楽部〉を立ち上げるが、1987年からソロ活動を開始する。1983年、芦川羊子と共にJapan Festivalに参加、ヨーロッパ6カ国を巡演。また、ドイツ、アメリカ、フィンランドなどにおける舞踏フェスティバルにも参加、公演を行う。1998年にグループ名を〈小林嵯峨+NOSURI〉と改名。『アウラ・ヒステリカ』をテキストとする【アウラシリーズ】を展開、身体と心の無意識領域を探る。その後もソロ、グループ公演、客演、コラボレーションなど積極的活動を行う。2012年12月、「半分夢」以来5年ぶりのソロ公演「真冬の幽霊/ベルメール炎上」をキッド・アイラック・アート・ホールで行う。
-----------------------
以上の要領で七月にソロ公演をやります。
にがてなトークも今回で克服できるか。それもひとつの課題です。しかし、遺言とタイトルをつけたらなんだかすっきりした。(嵯峨)
その他注意事項 トークショーあり!:7月20日(土)16:00~ 500円
「小林嵯峨の遺言」/「70年代以後の舞踏の揺籃期について」
出演:小林嵯峨
司会:宮田徹也
スライド上映&解説:小野塚誠
スタッフ 音楽:河崎純(コントラバス)
照明・音響:早川誠司(KID AILACK ART HALL)
映像:坂田洋一
衣装:有本裕美子
写真:小野塚誠&前澤秀登
フライヤ&ポスターデザイン:沼田皓二
主催:NOSURI
制作:NOSURI
協力:舞台監督:万城目純(ホワイトダイス)

[情報提供] 2013/05/30 23:12 by Q早川

[最終更新] 2013/07/22 00:45 by Q早川

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

この公演に携わっているメンバー0

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大