演劇

飛び出すこどもブンガクシリーズ#7

青年団『銀河鉄道の夜』

0 お気に入りチラシにする

演劇

飛び出すこどもブンガクシリーズ#7

青年団『銀河鉄道の夜』

公益財団法人宮崎県立芸術劇場

メディキット県民文化センター・イベントホール(宮崎県)

2013/07/06 (土) ~ 2013/07/06 (土) 公演終了

上演時間:

【あらすじ】
「銀河ステーション――。」
星祭りの夜、一人寂しく夜空を見上げる
ジョバンニの耳に突如響く車掌の声。
親友カンパネルラとともに“本当の幸せ”を求めて
様々な星座を旅し、二人の行き着く先は――。

****************

この『銀河鉄道の夜』は、二年前...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2013/07/06 (土) ~ 2013/07/06 (土)
劇場 メディキット県民文化センター・イベントホール
出演 井上みなみ、村田牧子、たか橋智子(※「たか」は「はしごだか」)、小林亮子、中村真生
脚本 平田オリザ
演出 平田オリザ
料金(1枚あたり) 1,000円 ~ 2,500円
【発売日】2013/05/12
一般 2,500円(当日3,000円)
学割(小学生〜大学生) 1,000円(前売り/当日とも)
セット券(一般+学割)3,000円(前売りのみ)
サイト

http://www.miyazaki-ac.jp/?page_id=324

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル 7月6日(土)14:00
説明 【あらすじ】
「銀河ステーション――。」
星祭りの夜、一人寂しく夜空を見上げる
ジョバンニの耳に突如響く車掌の声。
親友カンパネルラとともに“本当の幸せ”を求めて
様々な星座を旅し、二人の行き着く先は――。

****************

この『銀河鉄道の夜』は、二年前、フランスの子どもたちのために作られた作品です。昨年から日本語版を制作し、東日本大震災の被災地をはじめ全国を巡演してきました。
『銀河鉄道の夜』は、様々な読み方のできる作品ですが、この舞台は、もともとフランスの子どもたちにも分かりやすい内容、上演形式になっています。
親子でも楽しめる内容です。ぜひ、多くの皆さんにご覧いただければと存じます。

平田オリザ

****************

「ひとはいつかおとなになる、ということ。」
おとな、というものがどういうものかは、なかなかむずかしいのですが、それでも、生きて、生きて、生きて、きづくと、いつかひとは、おとなになっているものです。青年団版の『銀河鉄道の夜』には、正義の味方も、悪者も出てきませんが、静かに、ただ静かに、ひとがおとなになっていくそのときを、劇場でともに味あう、そんな旅のような時間があります。
ぜひみなさんも切符を片手に、ともに銀河を旅してみませんか。劇場の乗車口でお待ちしています。

宮崎県立芸術劇場演劇ディレクター 永山智行

****************
その他注意事項 ※未就学児の入場はご遠慮いただいております。
スタッフ 舞台美術:杉山 至 照明:西本 彩、山口久隆 
映像:ワタナベカズキ 映像操作:天明留理子
衣裳:有賀千鶴、正金 彩 舞台監督:中西隆雄、大友圭一郎
チラシイラスト:マタキサキコ 宣伝美術:太田裕子
制作:林 有布子 
企画制作:青年団/(有)アゴラ企画・こまばアゴラ劇場

[情報提供] 2013/05/23 19:11 by (公財)宮崎県立芸術劇場 企画制作係

[最終更新] 2014/01/13 20:27 by (公財)宮崎県立芸術劇場 企画制作係

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

この公演に携わっているメンバー0

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大